UA-65872922-1

Food News

ラーメンからカレーまで美味しい情報を大きな写真で配信中!ランチや食べ歩きの参考にどうぞ。

【最強ラーメンFes,】『雷そば』は絶対に食べるべきだと思うのですが?@『雷本店』

calendar

スポンサーリンク

『中華蕎麦とみ田』直営の『雷本店』ですょ?

『ラーメン二郎』が巻き起こした一大ブームからの、二郎インスパイアの流れ、からのガッツリ系ラーメンみたいなムーブメントがありましたが、果たしてガッツリ系ラーメンの最高峰はどこでしょうか?

これには諸説ありますが『最強ラーメンFes,』の会場の中には、この『雷本店』を愛してやまない男が居ます。

と、言う訳で筆者も前から気になっていた『雷本店』を食べて来ました。

『雷そば』

ガッツリ系と言うと、どうしてもなんちゃって『ラーメン二郎』なイメージが拭えませんが、それは間違いです。

今ではより進化したスープ、麺を用いたガッツリ系ラーメンもあり、確実に二郎インスパイアと分けて語る必要があるでしょうか?

この『雷そば』は、まさにそんな感じでしてスープの傾向からして全然違うので、盛り付けやニンニクだけを見て某ラーメンと比較するのはナンセンスで御座います。

まず、圧倒的な濃度を誇る『雷本店』のスープ……只者ではありません。

どのくらい濃度が高いかと言うと寸胴に張られたスープの上に、スープをすくう”ひしゃく”を置いてもまったく沈みません。

つけ麺ならまだしも、これがラーメンのスープなのだから恐れ入ります。

そんな男気溢れるマッチョなスープに合わせる麺は、言うまでもなく『心の味食品』でして、その極太平打ち麺のチカラ強さはプルーフされています。

いわゆる形だけを模したガッツリ系とは全然違い、盛り付けだけのパフォーマンスに頼らず、まさにラーメンとしての美味しさを突き詰めた究極の一杯となる『雷そば』ですので、この機会に食べない手はありません。

食べ終わった後のスープ&背脂を見ると、謎の背徳感に悩まされますが、そこは会場で販売している黒烏龍茶を飲めば解決でしょうか?

チャーシューと言うか豚もきっちり仕上がっているので、ここは肉を増してく方向で良いと思います。

これを食べたら、もう二郎インスパイアには戻(略

『山水地鶏の塩らぁ麺』(裏メニュー)

裏メニューはガラリと変わって、鶏清湯の『山水地鶏の塩らぁ麺』となります。

どうしても『中華蕎麦とみ田』直営の『雷本店』となると、ラーメンも濃厚な奴を思い浮かべますが、あっさり裏切られた感じでしょうか?

しかし!

ラーメンとしての期待は裏切らないツンデレ仕様でして、山水地鶏をメインに名古屋コーチン、比内地鶏、東京シャモ、大和肉鶏などの美味しさを抽出した清湯スープは、シンプルな塩ダレと合わさり至極のスープとして味わえます。

合わせる麺もストレートの細麺と、ガラリと変えて来ているのもマニア的には好奇心をくすぐられると思いますね。

そして丁寧に巻かれたチャーシューもしっかりした厚み、ボリュームがあり、大変美味しく仕上がっています。

「こういうラーメンも作れるんだぜ!」

みたいな自信が感じられる意欲的な一杯だと思うので、是非食べてみて下さい。

こういうスペシャルなのが食べられる『最強ラーメンFes,』は、まさに世界最強のラーメンフェスですな。

関連記事

この記事をシェアする