【横浜】1950年創業『角平』元祖”つけ天”的な蕎麦を大盛りで!【平沼】

創業昭和25年ですと?

そんなこんなで横浜ら辺にも進出している感じでして、やはり”蕎麦”とかも食べなきゃな~って。

いや、わりと蕎麦って東京と言うか神田ら辺かな~みたいなイメージですが、意外と横浜ら辺にも美味しそうな店がチョイチョイあるので、調べ甲斐もあるっぽい予感。

って事で、まずは下町的な場所にある『宿場そば 東』にも行ってみたりして?

まさに地域密着型な感じの店でして、今でも賑わっている感じのナイスな店でした。

と、言う訳で今回は横浜ら辺でも歴史ある感じの『角平』に行ってみた次第。

創業昭和25年って事で、何気に昭和39年(1964年)の東京オリンピックも経験してる感じでして、そう考えると凄いかも?

まあ、横浜市民的にはメジャーな感じの『角平』ですが、やはり蕎麦ってラーメンほどにテレビや雑誌などのメディアに出ない感じですので、ちょっと離れた町田や相模原に住まう人達には知られてないかもですね~

だが、しかし!

なんだかんだと横浜って訪れる機会も多いと思うし、多分に横浜市民でも蕎麦に興味が無い人は知らないと思われ、この機会に『角平』を知って欲しいので、やはりラーメンだけではなく各ジャンルそれぞれ記事化しておく方向で御座います。

そして!

『角平』と言えば『つけ天そば』が名物でして、そこら辺が定番らしいですね~

ま、確かに”かき揚げ”は重いかな~って思う時もあるので、こういうメニューも需要があるとは思います。

他のメニューはこんな感じで。

天麩羅系を無しにするとぐっとリーズナブルになる感じでして、お値段的には意外と普通ですかね?

『おかわり』(蕎麦のみ500円)とかもあるし、『大盛り』(130円)の設定もあるんで、意外とガッツリ行けちゃうかもでして、何気に庶民的な『角平』で御座います。

丼モノとかも充実してますね~

まあ、初見ですので丼モノは次回のお楽しみって事で、今回は真面目に任務を全うしたいと思います。

『つけ天大盛り』1390円

こんな感じで、どうでっしゃろ?

やはり『角平』に来たなら『つけ天』(1260円)かな~って思うので、それを『大盛り』(130円)にしてみた次第。

ん~……なかなかイイ感じのビジュアルじゃない?

しっかりした海老天1本、山盛りの蕎麦ってのは分かり易くて良いと思います!

ちなみにデフォルトの『つけ天』は温かい汁なのですが、冷たい汁にする事も出来るんで、そこら辺は好みで良いかなと。

ま、なんだかんだ言っても蕎麦屋ですんで、やはり蕎麦がどうなのかって話ですが、あえて言おう!

「蕎麦の方も良好であると!」

筆者、猫舌ゆえに冷たい汁で食べたのですが、ここら辺の塩梅もイイ感じでして、これは横浜まで食べに来た甲斐があったぞと。

勿論、最後は蕎麦湯で締めて完結するんで、そこら辺もしっかり味わって欲しいですね~

ご馳走さまでした!

『つけ天大盛り』総評

まあ、今は時代が時代ですんでラーメンの方が注目されているかもですが、やはり蕎麦と”うどん”は昔から伝わる食文化ですんで、そこら辺もしっかり継承しなきゃって思うんですよ。

勿論、その為には蕎麦屋さんが頑張ると言うよりは、我々ユーザー側が積極的に「美味しい蕎麦を食べに行く!」みたいな感じで行動する事が何より大事でして、ただ蕎麦を食べるだけでも一応は文化の継承に貢献出来るって事は覚えておきましょう。

ってか、あえてそう難しく考えなくても、オッサンになるとわりとナチュラルにラーメンよりも蕎麦を欲する瞬間が多くなんですけども。

と、言う訳で横浜ら辺の蕎麦を語るなら『角平』の『つけ天』は必食だと思うので、是非みなさんも食べに行ってみて下さい。

『名代 元祖つけ天 角平』(かどへい)

神奈川県横浜市西区平沼1-36-2

営業時間 11:00~20:30

定休日 火曜日・年始・夏季

(日曜祝日は営業)

『角平』Googleマップで表示

2020-07-18横浜&川崎,蕎麦orうどん

Posted by yellow