小田急相模原『八十八や』(やそはちや)みやこ系ラーメンを食す!

相模原,ラーメン&つけ麺

『ラーメン』650円

こんな感じで、どうでしょう?

ま、パッと見た感じは家系ラーメン的なのを彷彿させるビジュアルですが、一応は”みやこ系”って事なので、あえて家系ラーメンとは呼ばないパターン。

ん~……わりとスープの表面に膜が張るレベルのコッテリ感なんでしょうかね?

まあ、流石にホウレン草まで入っていると、明らかに家系に寄せている説は否めませんが、あくまでも”みやこ系ラーメン”って事で押し通す!

さて。

大体はそんな感じで、特に語る要素はないグラフィックですが、若干チャーシューは小さいかな?

いや、多分に筆者のチャーシューがたまたま端っこだったパターンと思われ、全部がこのサイズではないとは思うものの、こういうのが出てしまうと『チャーシューメン』(950円)とかを頼む気になれない俺がいる。

って事で、家系ラーメンをイメージして頂ければ、大体はそんな感じの味だと思うのですが、あえて言おう!

「まあ、普通に美味しいかなと!」

若干、スープの方は雑味も無く良さげですが、ちょっとリーンかな~って思えるので、美味しいを連呼するには至らない感じ。

ここら辺、最近は横浜方面に遠征していて、毎日ガチな家系ラーメンを食べていたのでって部分も有りますが。

本当は他店と比べて云々を言わないのがベストですが、基本的に誰もがラーメンを食べる時は脳内で他の店と比較してると思うので、いかに”みやこ系ラーメン”と言われても比較対象は美味しい家系ラーメンだぞと。

麺の方もまあ普通ですが、逆に言うと普通です。

ご馳走さまでした!

『ラーメン』総評

わりと盛り上がらないレビューに見えますが、普通に美味しいくらいですと、大抵はこのくらいのテンションですので、こんなもんかな~って。

家系ラーメン、超絶大雑把に言うとブッ濃い系とリーンな店に分けられると思いますが、この『八十八や』はどちらかと言うと後者でして、いわゆる相模大野の『王道家』系統な『クックら』とは対極にあるかなと。

かと言って町田の『寿々㐂家』系統な『奥津家』ほどに完成度が高いかっちゅうたら、そこは微妙と思った次第。

まあ、どちらも超人気店ですので、比べるのは酷ってもんですが、やはり食べる側は意識せずとも比べてしまうので仕方ないじゃない?

とは言え、一番ベーシックな『ラーメン』は650円と一回り安いかもなので、気になる人は食べに行ってみたら良いと思います。