UA-65872922-1

Food News

ラーメンからカレーまで美味しい情報を大きな写真で配信中!ランチや食べ歩きの参考にどうぞ。

あえてシンプルな”中華そば”スタイルのラーメンで勝負する『麺や ぶたコング』が熱い!

calendar

reload

あえてシンプルな”中華そば”スタイルのラーメンで勝負する『麺や ぶたコング』が熱い!

世界最強のラーメンイベント『最強ラーメンFes,』

東京都町田市のシバヒロで絶賛開催中の『最強ラーメンFes,』ですが、あえて言おう!

「今年はマジでレベル高い!!」

ま、言うても去年から始まった『大つけ麺博』のスピンオフ企画ですでの、まだまだ歴史は浅いのですが、すでに規模に関して言えば本家を追い越しています。

しかも!

今回は『ギョーザ&半チャーハンFes,』も同時開催ですので、ますます熱いイベントになっています。

ちなみに筆者、町田なら近いので毎日の様に会場に行っていますが、何気にギョーザやチャーハンをエンジョイする人達が多い点に注目しています。

王道を貫く『麺や ぶたコング』が美味しい件の是非

第一陣はかなり個性的なラーメンが揃う中、あえて『越後産新潟地鶏 昭和中華そば』みたいなシンプルなラーメンで勝負する『麺や ぶたコング』で御座います。

しかし!

『大つけ麺博』のホームである新宿大久保公園と違い、家族連れが多い町田のシバヒロですので、逆にコアなラーメンフリーク層は薄い可能性もあり、一周まわって味の見えるシンプルな”中華そば”みたいな系統も、家族連れからは支持される予感です。

『越後産新潟地鶏 昭和中華そば』

と、言う訳でどんな感じか食べてみました。

やはり注目すべきは”越後産新潟地鶏”を使ったスープでしょうか?

ラーメンと言うのは材料を足すのは比較的簡単ですが、材料を引くのは難しくて、この手のシンプルな清湯系の醤油ラーメンは、まさに味を絞るのが困難だったりします。

ごちゃごちゃしたラーメンなら”誤魔化す”と言う手法も使えますが、シンプルなラーメンほど素材、調理法(スープの取り方)で失敗が許されないので難しいのです。

と、言う事を考えると、かなりの完成度であると思った『越後産新潟地鶏 昭和中華そば』でして、ここ数年でレベルがぐいぐい上がっている”丸鶏清湯”のジャンルを代表する、間違いのない一杯だと思います。

合わせる麺も特製の”平打ち手揉み縮れ麺”でして、これがクリアなスープを良く運びます。

『越後産新潟地鶏 昭和中華そば』 総評

さりげなくチャーシューも”窯焼き”だったりして非常に美味しいのですが、宣材写真に比べて薄いので、そこら辺で賛否が分かれている意見も見受けられます。

しかし、チャーシュー自体は第一陣でもトップレベルの美味しさですので、写真とのギャップを乗り越えれば問題なしです。

筆者的には今回、この”平打ち手揉み縮れ麺”がキテると思うので、場合によっては裏メニューの『肉ネギ二色混ぜそば』がブレイクすると、メチャメチャ伸びるかなと思います。