新宿『荒海』ラーメンのスープがかなりキテる件の是非を世に問いたい

2017-09-19

スポンサーリンク

『荒海』(あらうみ)@新宿

東京都渋谷区代々木2-16-9

営業時間 11:00~翌3:00(日曜祝日は21時まで)

定休日 年末年始

『荒海』Googleマップで表示

新宿で注目すべき一杯『荒海』

新宿と言えば多くの人が行き交う街でして、飲食店も都内屈指の数があり激戦区になっています。

と、言う訳でラーメン屋さんも多いのですが、今の所は筆者も慌てるような時間じゃない可能性……あると思います。

とは言え、そろそろ新宿も始めたいと思うので、前から気になっていた『荒海』に行ってみた次第です。

『ラーメン』(大盛り同一料金780円)

こんな感じでどうでしょう?

『荒海』のラーメンは次郎インスパイアっぽく、ヤサイとかニンニクなどの増量を食券を渡すタイミングでコール出来ますが、初見ですので完全なノーマル状態の一杯を写真にしてみました。

『荒海』のスープは”豚骨、大山鶏のガラ、魚のアラ”をベースに炊き出しています。

と、言う訳で見た目は一瞬『ラーメン二郎』を彷彿させる二郎インスパイア系を思わせますが、中身はまったく別で御座います。

筆者としては”マグロの頭”までも使った魚のアラ出汁に注目して、この『荒海』に来た訳ですが読みは間違ってなかった様ですね!

しかも化学調味料を一切使わない天然素材のみを用いたスープ……期待出来ると思います。

まずスープの太さ……二郎系は肉ベースとも呼べるスープですが、この『荒海』は豚骨と鶏ガラ、鮮魚のアラを加えたガッツリ系スープでして、非常に重量感のある骨太なスープに仕上がっています。

勿論、スープ自体も濃度を上げつつも丁寧に仕込んでいて臭みも無いのですが、そこに魚のアラ以外で加わる”サバ節”などの乾物類の香りが大変、食欲をそそります。

麺は普通の中太麺でして、そこまで低加水率な仕上がりではないので、これもやはり『ラーメン二郎』とは別物と考えるべきでしょうか?

ご馳走様でした!

『荒海』 総評

ラーメンは大盛り無料、ヤサイなどの増量も無料でして、そのボリューム感は『ラーメン二郎』に迫るモノがありますが、やはり別物のラーメンとして捉える必要があると思った次第です。

特にスープの濃厚さ、かつマイルドな丸さと節系の香り、このバランスは絶妙でして個人的にはハマった可能性を否定出来ません。

と、言う訳でちょいと新宿駅から歩きますが、歩くだけの価値がある『荒海』ですので、是非みなさんも訪れてみて下さい。

スポンサーリンク