『マクドナルド』香ばし醤油マヨたまごてりやき&旨辛チーズてりやきレビュー

『マクドナルド』香ばし醤油マヨたまごてりやき&旨辛チーズてりやきレビュー

「大人が恋するてりやき」ですってよ!

2024年『マクドナルド』香ばし醤油マヨたまごてりやき&旨辛チーズてりやき1

まあ、ちょっと何言ってるか分からないキャッチフレーズですが、今回の『マクドナルド』の新商品も、既存のアイテムにソースをちょろっと変更した組合せを、売れてるタレントでガンガンにCM流して販売する戦略って事で、いつものパターンで御座います。

なので、まあ別に食べなくってもとは思うものの、ぶっちゃけショート動画のネタには最適ですんで、そのネタを仕入れたついでに記事化しておくぞと。

『マクドナルド』のメニュー

2024年『マクドナルド』香ばし醤油マヨたまごてりやき&旨辛チーズてりやきメニュー1

って事で、それとなくセルフオーダーシステムを駆使して、注文する感じで御座います。

最近はコレでも別にいっかな~って思えて来たかもでして、ちょいちょい利用しているかも?

2024年『マクドナルド』香ばし醤油マヨたまごてりやき&旨辛チーズてりやきメニュー2

そして!

今回も果敢に”自分好みにカスタマイズする”の項目をチェックしてみたものの、あえて言おう!

2024年『マクドナルド』香ばし醤油マヨたまごてりやき&旨辛チーズてりやきメニュー3

「結局、引く事しか出来ないと!」

まあ、嫌いな材料が使われている時とかは、それなり便利かもですが、そうじゃねぇんだよ感は否めない。

東神奈川駅『BEAR’S DINER(ベアーズダイナー)』のハンバーガーが旨い!

いや、普通は『バーガーキング』みたいに、ソースを増やしたり(略

そういう部分が『マクドナルド』の(略

『香ばし醤油マヨたまごてりやき』470円

『マクドナルド』香ばし醤油マヨたまごてりやき&旨辛チーズてりやき3

こんな感じで、どうでしょう?

まあ、パッケージしか見えない感じですけれども、まだ慌てるような時間じゃない。

『マクドナルド』香ばし醤油マヨたまごてりやき&旨辛チーズてりやき4

さてさて。

今日も鬼のようにレタスが散らかってる感じですけれども、これも『マクドナルド』の特徴ですんで、そこを突っ込むのは野暮かなと。

『マクドナルド』香ばし醤油マヨたまごてりやき&旨辛チーズてりやき5

ま、あれこれ言いたい事はあるけれども、まずは『マクドナルド』公式サイトのPRを引用するので、そこら辺をガッツリ読んでおきますか!

「てりやきマックバーガー」に香ばし醤油マヨとたまごを組み合わせた、濃厚でボリューミーな一品です。

ジューシーなポークパティに甘辛いてりやきソースをからめて仕上げた、コクのある味わいが人気の「てりやきマックバーガー」に、ガーリックやオニオンのコクと香ばしく炭火で炙ったような醤油の香りがたまらない醤油マヨと、ぷるぷるのたまごを合わせました。

との事です。

ジューシーなポークパティとは言うものの、結局はコストの安い豚肉を使っているだけ説でして、モノは言いようだな~の見本かなと。

『マクドナルド』香ばし醤油マヨたまごてりやき&旨辛チーズてりやき6

もっとも、昨今の『マクドナルド』は、期間限定はなるべく鶏肉や豚肉みたいな原価の安いパティを使って、適当にソースをアレンジして新メニューとして高く売る販売戦略ですんで、今回の『大人が恋するてりやき』は、まさにソレの見本だぞと。

って事で、気になる味の方ですが、あえて言おう!

『マクドナルド』香ばし醤油マヨたまごてりやき&旨辛チーズてりやき7

「わりと普通にテリヤキですと!」

普段、あまりテリヤキ系は食べない為、この『マクドナルド』の『てりやきマックバーガー』との味の違いが分からないかも?

くらいの感じですんで、そんなに醤油の香ばしさは無いかな~って。

『旨辛チーズてりやき』470円

『マクドナルド』香ばし醤油マヨたまごてりやき&旨辛チーズてりやき8

と、言う訳で2品目で御座います。

まあ、別に1個で十分かなとも思ったのですが、そこはショート動画の事も考えて『旨辛チーズてりやき』も食べておくぞと。

『マクドナルド』香ばし醤油マヨたまごてりやき&旨辛チーズてりやき10

中身の方は、こんな感じ~

これまたレタスが散らかり気味ですが、逆に言うとレタスをケチらず、ふんだんに使ってる説もあるので別にいっかな?

『マクドナルド』香ばし醤油マヨたまごてりやき&旨辛チーズてりやき11

とは言え、ハンバーガーとしてのビジュアルと言うか、見た目の芸術性は低いので、もうちょっとクオリティーを上げて欲しいなと、何年も何十年も思っている訳ですが。

ま、まずは公式サイトのPRを引用しますか!

「てりやきマックバーガー」にトマトハラペーニョフィリングとチェダーチーズを組み合わせた旨辛な一品です。

ジューシーなポークパティに甘辛いてりやきソースをからめて仕上げた、人気の「てりやきマックバーガー」に、トマトペーストのフライドガーリックの旨みやハラペーニョピクルスの爽やかな辛さが後引くおいしさのトマトハラペーニョフィリングと、コクのあるチェダーチーズを合わせました

との事です。

『マクドナルド』香ばし醤油マヨたまごてりやき&旨辛チーズてりやき12

ん?

するとコチラの『旨辛チーズてりやき』って、さっき食べた『香ばし醤油マヨたまごてりやき』とソースが違うのかしら?

ん~……食べた感じ、まったく同じ味な気がするけれども、そこら辺は『マクドナルド』の中で働いている人じゃないと分からないかもですね~

って事で、気になる味の方ですが、あえて言おう!

『マクドナルド』香ばし醤油マヨたまごてりやき&旨辛チーズてりやき13

「味としては悪くないと!」

とは言え、既存の『てりやきマックバーガー』にチーズと、どっかで食べた事があるソースをアドしただけでして、コレを新商品と言うのは無理があるかなと。

ご馳走様でした!

”大人が恋するてりやき”総評

2024年『マクドナルド』大人が恋するてりやき

と、言う訳で今回の新商品も正直ガッカリしたパターンですが、もはや”新商品→既存のアイテムの組合せとソースを変えただけ”みたいな黄金パターンだったので、想定の範囲内と言えば……そんなもんかなと。

みたいな部分、多分に多くの人が感じていると思われ、今回は3種類が発売されたものの、結局は2個食べる人でも、まず『ガーリックバターてりやきチキン』は選んでないのは笑えるようで、笑えないぞと。

『ガーリックバターてりやきチキン』が選ばれてないとか、なんの根拠も無いだろって思うでしょうが、嘘だと思うならSNSを調べてみると、不思議なほどに『ガーリックバターてりやきチキン』は食べられていないので、それが答えであり事実だと思います。

相模原市上溝駅『ドムドムハンバーガー』甘みそエビフライバーガーをレビュー

ってか、やっぱり”ビーフ100%パティ”がウリだったはずの『マクドナルド』でして、そのフラッグシップと呼べる『ビッグマック』が、ビーフ100%パティ2枚で480円なのに、安いポークパティ1枚のバーガーが、それと10円しか値段が変わらない……ってのは、やはり新商品を販売する度に、芸能人やらアニメキャラとコラボして広告宣伝費ばかり払ってる説でして、そういう金を真面目に商品に反映させたら、もうチョット良くなると言うか、『バーガーキング』に負けない(略

みたいな事も、もう何年も思っている事ですけれども、この数年でますます新商品の手抜きが止まらないと言うか、宣伝ばかりに金を使う傾向が増長してる説でして、これはもう『マクドナルド』の戦略と言うよりも、企業の体質と思われ、「ソースだけ変えて有名人でガンガン宣伝しときゃ、そこそこ売れるっしょ?w」みたいな客を舐めた(略

と、言う訳でハンバーガー的に味は悪くないけれども、新商品と思って期待すると微妙ですんで、まあチョットした味変バーガーと思って食べてみて下さい。

『マクドナルド』の”倍ビッグマック”を美味しく食べる100の方法

ハンバーガー&パンカテゴリの最新記事