『立川マシマシ』でラーメンをヤサイマシにした結果@中ラーメン豚マシヤサイマシ

スポンサーリンク

『立川マシマシ』本店@立川

東京都立川市錦町1-2-16 立川らーめんたま館

営業時間 11:00~15:00 18:00~25:30

土曜日は通し営業、日曜祝日は通しで24:00まで

定休日 年末年始

『立川マシマシ』Googleマップで表示

いわゆる二郎インスパイア系

基本、ここ最近は『野猿二郎』か『スモジ』ですので、さしてインスパる必要性は皆無なのですが、”仮面女子候補生”のライブで立川まで来たので、せっかくだから『立川マシマシ』に行ってみたらどうでしょう?

『立川マシマシ』と言えば、ここ最近は『マシライス』が注目されていますが、『立川マシマシ』オリジナルのレシピも公開されているので、やれば自分で作れるし、スープもない御飯で値段がラーメンと同じってのは納得行かないので、『マシライス』(750円)と言う選択肢はありません。

と、なると『すごい冷やし中華』(950円)かなとも思ったのですが、つい最近『三浦屋』で似たような感じのを食べたので、ここはレギュラーとなる『中ラーメン』でどうでしょう?

『中ラーメン』(750円+豚マシ150円)

と、言う訳で消去法の結果、こんな感じになりました。

コールは”ヤサイマシのみ”で御座います。

まあ、知っててオーダーしているので、どうと言う事はないし、むしろ今日は野菜(モヤシ)を食べに来たので問題ない感じでしょうか?

嘘です。

思ったよりも野菜感がある感じでして、ってか後から来た人が”野菜マシマシ”にしてたけど、さしてコレと変わらないビジュアルだった点……報告しておくべきでしょうか?

まあ、『大ラーメン』(850円麺450グラム)なら、丼のサイズが変わると思うので、もうちょいヤサイも盛れると思いますが、現状ではコレが限界じゃないでしょうかね?

特に脂はコールしてませんが、最後にドバっとかけるので、こんな感じのグラフィックになっています。

ん~……とりあえずヤサイを持て余すと思うので、豚マシ必須かと思ったのですが、豚は合計2枚と”豚マシた感”は低めで御座います……。

ぶっちゃけヤサイを喰うだけなら無料の脂マシでいいんじゃなかろうか?

気になる味の方ですが、味を気にする前に大量のヤサイってかモヤシを食べる必要があるので、しばし待たれよ!

ロット的に丁度ヤサイが茹で上がったタイミングで来たのは、ラッキーだったかなと。

背脂とヤサイ、背脂が無くなったらチャーシューでヤサイを食べる訳ですが、思ったよりもチャーシューと言うか豚が少なかったので、微妙に地味な戦いが続いた感じでしょうか?

そして、やっと麺に辿り着いた頃には、豚も一切れしか残っておらず、ん~って感じの微妙なモチベーションで御座います。

麺はいわゆる二郎インスパイアかなって感じでして、特に語るべき点はありません。

なんなら麺リフト失敗してピンボケした写真を、そのまま使う勢いです。

とりあえず起死回生のニンニクを投入してみるものの、さしてモチベーションの上がらない筆者で御座います。

気になるスープの方ですが……やっぱ薄いかな?

シャバいスープとは言いませんが、シャバッシャバに感じました。

まあ、湯切りもアレですし、ヤサイも超多いのでってのはありますが、それ以前に根本的なスープが薄いのは致命傷……。

この時間帯(夜)でこの濃度は……どうなんでしょう?

よしんば”カラメ”コールで醤油感を足したとしても、ベースとなるスープが薄いので、コールで解決出来る問題ではないような?

もっとラーメンとしての根本的な部分が(略

ご馳走様でした!

『立川マシマシ』 総評

まあ、答えは知っていたけど自分で食べずに判断するのもアレかなって思って、わざわざ本店でレギュラーな一杯を食べた訳ですが、あえて言おう!

「立川マシマシはマシライスを食べる店であると!」

そのネットの声は概ね正解!

って事を肉眼で確認出来たので、それはそれで良しとするべきでしょうか?

よしんば近所に『立川マシマシ』しか無いのであれば、食べに来る可能性もありますが、野猿やスモジの方が近いのに、わざわざ『立川マシマシ』を選択する必要性に関しては賛否が分かれると思います。

ちなみに、今更どうでも良い情報かもですが、ニンニクはコールではなく自分で勝手に盛り付ける感じである事も、一応は報告しておきましょう。

と、言う訳で最初から知っていたので今更って話ですが、是非みなさんも『立川マシマシ』で美味しいであろう『マシライス』を食べてみて下さい。

スポンサーリンク