ケント『カツスパ大盛り』にしたら予想以上にデカ盛りだった時@町田でランチ

ケント『カツスパ大盛り』にしたら予想以上にデカ盛りだった時@町田でランチ

『カツスパ』(850円+大盛り150円)

まずスープと粉チーズ、タバスコが先行しますが、あえて言おう!

「粉チーズの出し方ひとつで味が分かると!」

わりと粉チーズをガッツリ使わせてくれる店は、基本的に優良店でして味の方も美味しい事が多いですかね?

はい、と言う訳で調子こいて大盛りにしたらデカ盛りだったパターンです!!!

マジか……。

軽く様子見する体だったので、これはちょっと気合い入れないと厳しい予感で御座います。(3軒目だからね!)

とりあえず写真通りのビジュアルですが、ぶっちゃけ皿が大皿サイズでして、スパゲティーもキロは無いと思いますが、700ないし800グラムはありそうです。

それだけでも結構ヘヴィーなランチですが、そこに豚カツ的な何かも加わるので、もはやデカ盛りの領域に達していると言っておきましょう。

いや、何も知らずに大盛り頼んでコレが来たら9割方の人は心が折れると思いますね……。

気になる味の方ですが、なんとなくハインツのミートソースな味がしないでも無いのですが、ぶっちゃけ筆者はハインツのミートソースが大好きだったので、逆にこれはこれで文句の無い味で御座います。

とは言え、かなりのボリュームですので粉チーズは少な目にして、後半戦で”追いチーズ”するかしないかの選択肢を残してみました。

いきなり全開で粉チーズをチャージすると、後半で失速するかもですからね!

スパゲティーの方はちょいと細めのスパゲティーニって所でして、特にブランドパスタでは無さそうです。

注目すべきはスパゲティー専用フォークの存在でして、何気にケントのスパゲティーに対するリスペクトが感じられます。

ちなみに後半、結構しんどくなって来たのでペースを上げる為に”割り箸”にチェンジしてみました。

結果、かなりのスピードアップを果たし、心が折れる前に無事完食で御座います。

ご馳走さまでした!

『ケント』総評

あまりランチとしてマークしてなかった『ケント』ですが、このボリュームとナイスな接客、値段と味を考慮すると”町田最後の良心”って感じでして、個人的には穴場的なランチとして利用したいと思います。

オムライスも美味しそうだったので、そこら辺でワンチャンあるでしょうかね?

ま、今回の『カツスパ』も大盛りにしなければ、ボリューム満点のナイスなランチで終われると思うので、試してみて欲しいと思います。

ちなみにカツも揚げたてで美味しいのですが、それもミートソース味になってしまうので、全体的には味が単調になりがちですので、サラダとスープをワンクッション挟んだり、途中から粉チーズやタバスコで味を変えると、最後まで美味しく頂けると思います。

是非、みなさんも『ケント』の美味しい『カツスパ』を食べてみて下さい。

https://foodnews.jp/archives/4339

町田カテゴリの最新記事