麻布大学生に人気の『らーめんきじとら』で味噌ラーメン的な何か@相模原市

『らーめんきじとら』@淵野辺

神奈川県相模原市中央区 淵野辺1-10-11

営業時間 11:00~20:30

定休日 木曜日

『きじとら』Googleマップで表示

『きじとら』の味噌ってどうよ?

淵野辺の『らーめん梅吉』に行ったものの、スープ切れなのかフラれてしまったので、それとなく近場のラーメンを欲した結果、超久し振りに『らーめんきじとら』(以後、きじとら)に行ってみた次第です。

スープは嫌いじゃないのですが、改良?に改良??を重ねた結果の”きしめん”みたいな幅広極太麺が好みじゃないので、筆者的には足が遠ざかっていたのですが、時間も14時近いので今から移動するのは無理と判断、『きじとら』にインする決意をしました。

ほほう。

久し振りに来たら色々とメニューが増えている模様……。

これは味噌を試してみるも一興だろうか?

『味噌らーめん(大)』700円

『らーめん』(600円)の食券に『100円券』の食券を合わせると、味噌を召喚出来る模様。

ってか、券売機のスペースめっちゃ余ってるんだから、『味噌らーめん』の食券を入れてもいいんじゃなかろうか?

ってのは気にしない方向でお願いするとして、こんな感じですがどうでしょう?

いわゆるソレ系な盛りと言うかボリュームが売りの『きじとら』でして、つけ麺もラーメンも麺の大盛りが同一料金ってのは神だと思います。

と、言う訳でコスパに優れるラーメンですので、近隣の麻布大学の学生には人気がある模様。

なかなか良い感じのチャーシューでして、このくらいの美味しさなら『肉増し』(200円)を有りじゃなかろうか?

もっとも、下手にトッピングすると『きじとら』最大の売りであるコスパに響くので、筆者的にはコンパクトなスイングを心掛けたいと思います。

『きじとら』はニンニク&生姜のトッピングが選べますが、今回はニンニクだけにしてみました。

味噌ラーメンにニンニクは鉄板ですからね!

ちなみに今回、細麺にしようか3秒考えたのですが、もしかしたら太麺が美味しく生まれ変わっている可能性に賭けてみた結果、見事に玉砕!

まあ……この麺がイケてるとの判断だと思うし、店がこの麺を推すと言うならソレはソレで良いのですが、客のほとんどが”細麺”をオーダーしている現状を考慮すると、レギュラーが細麺で補欠が太麺かなと思った次第です。

って感じだと思うんですけど、どうでしょう?

ちなみにスープの方ですが券売機に貼ってあるのを、そのままコピペしますと

「昆布だし仕様で味まろやか。特製辛みそで味変も愉しめます。」

との事。

筆者の正直な感想を述べますと、スープが細いので太麺のゴリゴリ感が際立ち、マッハで飽きてしまう可能性……あると思います。

豚カツには醤油もソースもかけずに食べられる(使う事もあるけども)”薄味派”な筆者が、マッハで飽きる味噌スープとは……。

ここら辺の卓上調味料を使うべきであろうか?

しかし!

それを想定しての”味噌ラーメン専用・辛みそ”で御座います。

いや……むしろ、最初からこのくらいの”味噌感”をスープの方で出しても良くってよと思うのですが?

若干、酸味が邪魔する”味噌ラーメン専用・辛みそ”ですが、コイツをブチ込めば大盛りでも最後までイケると思います。

ご馳走さまでした!

『きじとら』総評

またしても「太麺復活ならず」って感じですし、スープもちょっと味噌ラーメンにしては細いな~とは思うのですが、大盛りにするとこのボリューム感ですので、「安かったし満腹だから、まあいいか?」みたいな地点に着地しました。

しいて言うなら細麺と言う賢者の選択肢もありますので、そこら辺でワンチャンでしょうか?

と、言う訳で個人的には太麺に関しては微妙って感想になりますが、お値段もろもろ含めてバリュー感もありますし、細麺にすればワンチャンあるので、是非みなさんも『きじとら』のラーメンを食べに行ってみて下さい。