初めてバンコクに行ったなら『スダーレストラン』がオススメな100の理由@タイ

焼肉はせ川: 焼肉はせ川写真集 (Sea Monkey Design)

『SUDA RESTAURANT』アソーク駅

営業時間 11:00~23:00

定休日 日曜日

『スダーレストラン』Googleマップで表示

バンコクでオススメのレストラン

さて。

なんだかんだとタイの記事を書いてみたものの、流石に海外って行く人も少ないので視聴率が悪い感じでして、最終的には全てを書き終わる前に国内記事を優先した感じですが、あえて言おう!

「なんとなく今、書くタイミングであると!」

ま、適当な”まとめ記事”とかではバンコクの良さは分からないと思うし、ここは筆者の出番であると思うんですよね。

ちなみに筆者、タイではハンバーガーばかり食べていたイメージですし、それも間違いではないのですが、ちゃんとタイ料理の方も調査しておりまして、SPOT用にネタを温存しておいたのですが、他の人が書いたタイの記事とちょっとバッティングしちゃう感じになったので、結局は当サイトで使う運びとなりました。

アソーク駅、最強伝説!

ちなみにバンコクをエンジョイするなら宿泊先はBTS”アソーク駅”ら辺が最強で御座います。

ま、ナナ駅ら辺も悪くはないのですが、やはり”ターミナル21”が色々と便利ですし、BTS(電車)での移動が鬼便利ですので、交通費を節約する意味でも最強で御座います。

と、同時に”ソイ・カウボーイ”にも”ナナ・プラザ”にも(略

そんな感じでアソーク駅周辺にはちょいちょい飲食店がありまして、そこそこ外国人の観光客向けな店もあります。

ちなみにガチにローカルな店だと、メニューがタイ語で全然読めなかったりもするので、最初は『スダーレストラン』みたいに英語メニューもある店がベターかなと。

『スダーレストラン』はアソーク駅にあるターミナル21と逆側、すなわち南口にあります。

ま、ここら辺はGoogleマップを使うと迷わず行けるし、駅から超近いので迷う事もないと思いますよ?

『スダーレストラン』は観光客向けになったとは言われていますが、元々はバリバリにローカルなレストランだったので、今でも味は秀逸ですし、タイっぽい雰囲気を十分に味わえるし、値段も高くは無いので、アソーク駅ら辺でタイ料理を欲したならベストチョイスだと思います。

『カオパット』100~250バーツ

具やサイズによって値段はこんな感じになります。

筆者が食べたのは……ミディアムかラージですかね?

具的には”鶏肉、牛肉、豚肉、海老、蟹?”とありますが、やはりタイっぽさで言えば海老1択でよろしいかと存じます。

ま、カオパットってそのままタイのチャーハンですので、日本人なら恐らく誰もが好きな味だと思いますし、味的にもアタリ、ハズレの少ないメニューなので、特にタイ初心者にはオススメで御座います。

気になる味の方ですが……普通に海老チャーハンですかね?

微妙にナンプラーっぽい風味はありますが、まったくもって日本で食べるチャーハンと大差ない感じ。

しかし!

付属の調味料と言うか、マナオ(ライム的な)と小皿にある謎の液体(チョイ辛い奴)をチャーハンにかける事で、途端にカオパット感が出て来ます。

逆に、これらアイテムを使わないとカオパットを食べたとは言えないので、半分くらい普通に食べたら、残りは現地風に食べてみたらいいじゃない。

ん~……ただの海老チャーハンがいきなりカオパット、もとい本場の味に変わるとか、マジ調味料のチカラは偉大ですな!

『LEO』110バーツ

タイに行くと”シンハー”を飲む人が超多いので、それはそれで良いけども念の為にあえて言おう!

「ツウはわりとLEOビールやでと!」

ま、ビールなんか好きなの飲めば良いんですけれども、せっかくタイに来たのならタイでしか飲めない銘柄の方がベターかと存じます。

ですので、チャンとかシンハーは日本でも飲めますが、なかなか”LEO”(レオと書いてリオと発音)は売ってないのでタイに居る時は沢山飲んだ方が良いかなと。

ちなみにバーとかレストラン、食堂ならLEOも普通に飲めますが、意外とゴーゴーバーには置いてないと言う謎があります。

あ、あと未成年の場合はビールが飲めないので、スムージー的なのとかシェイク的なのを飲むと良いと思います。

氷に若干の不安を覚えなくも無いのですが、筆者はタイで1度も腹痛に見舞われた事はないので、そこそこ大丈夫っぽいですよ?

スポンサーリンク

関連記事