『麺でる』特製冷やしまぜ麺(豚増し)的なラーメンを食べる夏@相模原

『麺でる』相模原店

神奈川県相模原市中央区中央6-13-6

営業時間 11:00~14:30 17:00~22:00

定休日 不定休

『麺でる』Googleマップで表示

『麺でる』の冷やしラーメンですと?

常にTwitterで町田&相模原の最新ラーメン情報をチェックしている筆者でして、当然『麺でる』が冷やしラーメンを開発している事も知っていました。

だが、しかし!

開発中とのツイートからそれなり時間が経ち、もはや8月も終盤になろうって感じでして「もう今年は出さないのかな?」と思っていたら出たパターンです。

ちなみに『冷やしまぜ麺』は券売機の『特製まぜ麺』(油そば)を購入して、食券を出す時に「冷やしで!」って感じでオーダーします。

『特製冷やしまぜ麺』830円+豚増し150円

こんな感じでどうでしょう?

ちなみに『麺でる』は券売機に”茹で前の麺量”が書いてあるのは親切ですな!

やはり『麺でる』相模原店に来たなら『豚増し』は必須だと思うので、念の為にコールは「ニンニク、玉ネギ」にしておきました。

ま、このくらいであれば十分にマージンを残しているので、余裕の完食は揺らがないかなと。

とりあえず……玉ネギ感がパネェのですが、やはり『麺でる』のブタはボリューム満点ですな。

コッチ系のブタって日によって出来の良し悪しは多少ブレるかもですが、とりあえずブタがショボい店は駄目かなと思っています。

希にパサ豚だったりするのは事故として、ブタが小さいとか薄いってのは”確信犯”ですからね!

そう言った意味では相模原の『麺でる』は裏切られた事が無いので、オススメしたいと思います。

ちなみに『特製冷やしまぜ麺』はデフォルトだと脂が無いので、ヤサイを美味しく食べるなら豚増しかアブラコールは必須かなと。

あとデフォルトでもヤサイ(モヤシ)の量はかなりあるので、あえてヤサイコールをする必要はないかもです。

基本、『麺でる』はモリモリですので”決め打ちのヤサイコールはNG”、ちゃんと『麺でる』のボリューム感をイメージ出来る人がコールすべきアイテムかと存じます。

んで。

気になる味の方ですが、まあベースのタレに魚粉かなって感じでして、特に辛味も酸味もないので、『麺でる』のオーソドックな味に仕上がっていますね。

あと、やはり冷やすと動物系の脂は重くなるので、スープの方もライトな仕上がりになっている事も報告しておきましょう。

ですので、特に”目新しい味”ってほどの新鮮さは無いかもですが、普通に美味しく頂ける『特製冷やしまぜ麺』ですので、ワンチャンあると思います。

ご馳走さまでした!

『特製冷やしまぜ麺』総評

ある意味、ごくごく普通な仕上がりとも言えますが、逆に言えば”安定感のある味”とも言えるので、『麺でる』のノーマルに寄せた『特製冷やしまぜ麺』って感じでしょうか?

と、言うかTwitterに上がっているモノと比べると「ん?」ってのが筆者のストレートな印象でして、長ネギ何処行った感は否めませんが、まあプロトタイプと量産型の差って事で納得しましょう。

しいて言うなら、これは完全に筆者のミスなのですが、冷たいラーメンに生玉ネギだと、生玉ネギの辛さがダイレクトに来るので、玉ネギコールは無しの方が美味しい可能性……あると思います。

ま、生の玉ネギを水に晒さず食べたらアレですよねって答えは知っていたのに、うっかりコールしちゃったぞと。

勿論、スープとかが熱い系なら生玉ネギの辛さも飛ぶので、冷やし以外は有効なアイテムである事は間違いありません。

そんな感じでスペシャル感は人それぞれとして、普通に美味しい『冷やしまぜ麺』ですので、気になる人は早めに食べに行ってみて下さい。