とんかつ『かめ一』で美味しい”上ロース定食”を食べて来たので御報告@相模原

とんかつ『かめ一』(かめいち)

神奈川県相模原市緑区川尻1697-1

営業時間 11:30~14:30 17:00~20:45

定休日 火曜日

『かめ一』Googleマップで表示

圧倒的、豚カツモチベであると!

いきなり最初に言っちゃうパターンですが、ココ最近は豚カツが美味しいな~美味しいな~みたいな感じですので、ひとまず飽きるまで豚カツを食べる方向で!

と、言う訳でいつも『コサカ』に行く時に気になっていた『かめ一』に行って来ました。

ま、どのくらい前から営業しているのかは謎ですが、30年、40年は営業してそうなオーラを感じる『かめ一』でして、遅かれ早かれ行こうと思っていたので、今でしょ!今でしょ!みたいなテンションで。

とにかく駐車場が鬼広いので、車で行っても満車で駐車出来ないって事は無さそうですな。

『上ロース定食』1620円

如何でしょうか?

ちなみに『かめ一』の平日ランチタイムサービスには『ロースカツランチ』(725円)みたいな神サービスもあるのですが、あまりに安過ぎても申し訳ない感が芽生えるので、ここはひとまず『上ロース定食』を頂く事にしました。

ん~……このキャベツの山盛り感……キテますね!

ってか、キャベツが美味しくなかったりショボい店は、所詮そこまでの店ってパターンが多いので、写真とかで豚カツの良し悪しを判断する必要がある時は、サイドの漬け物とかキャベツにも注目する必要があるかなと。

気になる豚カツの方ですが、こちらもなかなかの厚さでして、”上ロース”の名は伊達じゃない予感で御座います。

ちなみに筆者、豚カツの場合は脂身の旨さをエンジョイしたいので、ヒレかロースかと聞かれたら、そこは99%ロースを所望する心構えでして、滅多な事ではヒレカツの出番が無いかもですな。

女将さんの話では、この『上ロース定食』には国産の豚肉、それも冷凍物は使わないって感じのコダワリが詰まっておりまして、「是非とも塩で食べてみて欲しい」との事です。

だが、しかし!

筆者、もとから薄味派ですので、豚カツもソースは試すくらいしか使わないので、言われなくても味付け無しで食べる可能性……あると思います。

ま、塩を追加しても良いのですが、基本的にフライ料理って下味で塩は振るので、筆者的にはそのままイケちゃい感じですかね?

気になる味の方ですが、流石に豚カツひと筋……何年だかは分かりませんが、文句無しの美味しさで御座います。

希に豚カツの衣が剥がれがちなのを見て、やたらと突っ込む輩が居ますが、ぶっちゃけソレは豚カツの事を何も分かってらっしゃらないかなと。

確かに衣が絶対に剥がれないレベルの強力な衣を纏った豚カツも有ります。

特にチェーン店などは意外にも衣が剥がれない事が多いと思いますが、実は業務用のバッター液には”結着剤”と言うか、衣が剥がれにくくなる物質が入ってモノも有りまして、それのおかげでチェーン店の衣は剥がれにくいのです。

勿論、チェーン店が全部”結着剤”入りのバッター液を使っているって訳ではないかもですが、そういう商品が販売されているって事は、それなり需要があるって事かなと。

つまり、逆に言えば衣がペロっと剥がれる店は、そういう謎バッター液を使ってないって事になります。

勿論、剥がれないからと言って必ず謎バッター液を使っているって訳では無いのですが、豚カツの衣が剥がれやすいからと言って、その店の技術が低いって訳じゃない事は知っておいて欲しいと思います。

ご馳走さまでした!

『上ロース定食』総評

と、言う訳で遠路はるばる川尻ら辺まで来た訳ですが、『上ロース定食』の美味しさに満足した筆者で御座います。

いや、この美味しさであれば次回はランチタイムサービス狙いも有りかなと思うし、メンチカツ辺りは試しておきたい衝動に駆られますな。

ま、なかなか車が無いと行けない場所かなとは思うのですが、コッチ方面はツーリングとかドライブで流したりする方面でもあるので、ワンチャンあると思います。

そんな感じで豚カツ好きなら『かめ一』は気に入ると思うので、是非みなさんも食べに行ってみて下さい。