フィッシングじゃない方の『相模屋』でワンタンメンを食べる時@相模原

中華料理『相模屋』相模台ら辺

神奈川県相模原市南区相模台6-17-17

営業時間 11:00~15:00 17:00~21:00

定休日 金曜日

『相模屋』Googleマップで表示

『相模屋』ってどうでしょう?

相模原で『相模屋』言うたら、ほぼほぼ釣り具屋さんの方を差しますが、あえて言おう!

「中華料理的な相模屋もあると!」

村富線沿いで古くから営業している『相模屋』でして、筆者も超昔に1回行った事があるかもですが、逆にそのくらいしか行った事がない可能生……あると思います。

『ワンタンメン』600円

どうでしょう?

いや、確かに通常であればチャーハンから入る筆者ですが、『相模屋』の『五目チャーハン』は750円ですので失敗は許されません。

ん~……なんともオツな感じのビジュアルでして、まったくもって最近の要素は無いのですが、あえて言おう!

「だが、それがいいと!」

確かに昨今のラーメン専門店が出す美味しいラーメンも美味しいのですが、そればかりでは食べる側も疲れてしまいます。

気になるスープの方ですが、これまた懐かしい感じと言うか昔っぽい味でして、出汁感も低く人によってはシャバいとすら感じる程にリーンなのですが、全体的にまとまっているので不味くはない。

勿論、スゲー美味しいって訳では無いのですが、「昔はこんなラーメン食べてたよな~」みたいな感じで昭和世代はノスタルジーに浸れる味かなと。

麺の方もまったくもって特徴がないくらいの中細麺でして、茹で加減も含めて昭和かなと。

しいて言うなら”ワンタン”に具が入ってないタイプでして、通常であれば筆者の中の海原雄山が女将を呼ぶところですが、何せ『ワンタンメン』600円ですのでソコまで求めるのもアレではなかろうか?

そんな感じでさして持ち上げる要素のない感じですが、チャーシューは美味しかったので『チャーシューメン』(750円)とかでワンチャンお願いしたいかなと。

ご馳走さまでした!

『ワンタンメン』総評

確かに古い店ですが厨房のレンジフードなども綺麗に清掃されていて、御主人の気合いを感じた『相模屋』で御座います。

と、言う訳で「そこは美味しいって書けよ!」みたいな気はするのですが、当サイトのポリシーとして「味に正直であれ!」ってのがありますので、こんな感じに落ち着きました。

ま、好きな味ってのは人それぞれですので筆者が美味しいってのが絶対的な訳でもなく、そのまた逆も然りですので、最終的には自らの足で趣いて確かめるのが正解かと存じます。

もっとも、だからと言って全ての店を食べ歩くのもシンドイ訳でして、そういう時の”参考”程度に当サイトを利用して頂けると、知らない店を発見出来たり、地雷を踏まずに済む事もあるので、なんとな~く見ちゃう感じでお願いしたいかなと。

そんな感じで遠方から訪れるにはどうかと思いますが、地元勢なら1回くらいは食べに行って欲しい『相模屋』ですので、みなさんも気が向いたら食べに行ってみて下さい。