『万豚記』ワンツーチィが一周回って戻って来たので餃子など@町田

焼肉はせ川: 焼肉はせ川写真集 (Sea Monkey Design)

『万豚記』(ワンツーチー)町田店

東京都町田市原町田4-7-18

営業時間 11:30~14:30 17:30~22:00

定休日 無休

『万豚記』Googleマップで表示

『万豚記』って知ってます?

昔々、相模原の黄金時代、もといアイワールドとかがあった懐かしい時代に、ラーメンストリートと呼ばれた通りの端っこに『万豚記』が有りました。

ま、当時は”鉄鍋餃子”みたいなのが珍しかったので、結構な人気でしてあちこちにチェーン展開していた記憶ですが、その後は規模を縮小し相模原店は閉店してしまいました。

んで、町田にも今の場所に『万豚記』がオープンした訳ですが、さらっと閉店、その後は『タイガー餃子会館』になり閉店、『タイガーキング』になり閉店、『富士山食堂』になり閉店、『富士ノ山食堂』になり閉店、『焼肉ホルモン モロッコ苑』になり閉店、一周回って『万豚記』に戻りました。

ってか、『富士山食堂』が『富士ノ山食堂』になったりもアレですが、今度は『万豚記』も何故か『ワンツーチィ』みたいなカタカナ表記、これは筆者の芸風云々を問わずに言わざるを得ないので、あえて言おう!

「もう、絶対に閉店する予感しかないと!!!」

ま、どれも”極コーポレーション”って会社のチェーン店みたいですので、ある意味資本は同じと言うか看板をコロコロ変えているだけな予感ですが、ちょっと客足が落ちて来て「飽きられたかな?」と思ったらチェンジするみたいな商法、キャバクラみたいな水商売と同じ手法では、いつまで経っても地域に根差す事は不可でして、マジでヤル気があるのか小一時間で御座います。

ってか、会社的には全員クビにして看板変えるだけなのでダメージ低めかもですが、そこで真面目に働いている人達は堪ったもんじゃありません。

ぶっちゃけ、筆者も商売柄「この店はアカンな……。」みたいなのも結構あるんですが、オープン早々に「この店は駄目ですね。すぐ潰れます。」とは人として書きたくないのでオブラートに包む感じなのですが、この『万豚記』と言うか運営会社は常習犯ですので、今回ばかりは「多分に長く続かないで!」と書いておきます。

とは言え、『万豚記』は嫌いじゃなかったので筆者的には有りでして、とりあえず新規オープン?ですので入ってみようかなと。

ん~……やはり『万豚記』と言えば点心料理かなと思うのですが、なんか『肉吸い』みたいなのを大阪名物として推す辺り、すでに嫌な予感しかありません。

なんでしょう?

こういう軽いノリが駄目って言うか、料理に芯が無いと言うか、本当に美味しいモノを作ろうっていう姿勢が感じられないと言うか、もういい加減にこういう商売は通用しない時代だぞって事を再認識して欲しいと小一時間で御座います。

ま、他にも『スパイシースパイシーチキンカレー』とか、『肉玉ライス』みたいな中華料理と関係ないメニューのオンパレードでして、もうすでにこの時点でお察しですが、利用する側としてはメニューが多い方が良いってパターンもあるので、どうなんでしょうかね?

とりあえずメニューを眺めながら「何が良さそうなのか?」を3秒以上考えさせられてしまった時点で、ある意味”決め手に欠ける”って話ですが、なんとなく『えび味噌らーめん』が美味しそうなので、そこら辺でワンチャンどうでしょうか?

(後日、ランチメニューが貼ってあったので追加します)

スポンサーリンク

関連記事

町田, 餃子

Posted by yellow