『ワークマン』ポーチでコーデュラナイロン&YKKファスナーとか最強じゃね?

焼肉はせ川: 焼肉はせ川写真集 (Sea Monkey Design)

『ワークマン』でどうでしょう?

筆者、工場で働いていた事もあり”ワークマン歴”はメチャ長いのですが、あえて言おう!

「ココ最近のワークマンはイケていると!」

昔はアウターとかほとんど無くって、本当に作業服ばっかりだったのですが、今はバイクに乗ったり釣りをするにも『ワークマン』のジャケットで事足りる可能性……あると思います。

そして!

何気にココ最近は”ポーチ類”も充実して来た感じでして、昔は釘袋とか道具袋(略

『D-005 CORDURA 小物ケース』980円

と、言う訳で初めて『ワークマン』でポーチ的な何かを買ってみました。

いや、厳密にはポーチ的な何かも買った事はあるのですが、『ワークマン』って他社の製品も店舗においてあり、自社製品のポーチって意外と無かった記憶です。

ちなみにコチラは”FieldCore”(フィールドコア)って感じで『ワークマン』のアウトドアブランド的な何かでして、”CORDURA”(コーデュラ)ってのはインビスタ社の登録商標で御座います。

つまりアメリカ軍で良く使われている耐摩耗素材的なコーデュラナイロンを用いた、『ワークマン』の自社製品って訳ですね。

今回、コイツを選んだのは筆者のコンデジがコンパクトで無いが為、今まで使っていたポーチに入らないので買い足してみた感じ。

ポケットは一番外側にバックル付きのポケット、さほど大きくないスマホなら入る大きさです。

筆者的には海外に行く事が多いので、パスポートが入るかどうかは非常に大事!

そのサイドにはペン差しが有ります。

ここら辺、現場での使用を考慮してるかもでして、マジックやらボールペンを差してみたらいいじゃない。

その内側に蓋なしのポケットと言うかスリット(手帳とか入れてみたり?)

そしてメインの収納ゾーンとなる部分は大きく、パスポート以上のサイズも余裕で御座います。

当然、筆者のコンパクトで無いコンパクトデジタルカメラ”Canon PowerShot G1 X Mark II”も余裕で収納出来ます。

ちなみにコイツが入るって事は、レンズにもよりますが大抵のミラーレスは入るんじゃなかろうか?

そして!

この一番良く使う部分のファスナーには”YKK”が開発した革新的な折り込みファスナーを使用している可能性……あると思います。

ま、言うまでも無く世界一のファスナーを作る会社と言えば”YKK”でして、その信頼性の高さから『ワークマン』では自社製品に積極的に採用している訳ですが、それを使ったポーチとなると期待大ではなかろうか?

実際、開閉した感じもスムーズですし、ポーチ関係ってまず最初にファスナーが壊れるので、コイツは長持ちしそうな予感です。

『D-005 CORDURA 小物ケース』総評

この手のポーチ類って今はAmazonで検索して買う人が多いと思うし、それはそれで正解ですが、あえて言おう!

「やっぱワークマンは品質が違いますからねと!」

基本、ドカチン仕様な『ワークマン』ですので”現場で使ってナンボ”な感じでして、ちょっとした事で破れたり壊れたりするとスゲー沢山のクレームが来る為、耐久性に関しては非常に気を遣っているとの事です。

と、言う訳で通常の生地よりも割高な”コーデュラナイロン”を使ったり、通常のファスナーよりも割高な”YKK”のファスナーを使っている訳ですよ。

しかし!

それで値段は980円とリーズナブルでして、ぶっちゃけこの価格ならAmazonで変なポーチを買うよりも”お買い得”だと思います。

ここら辺、実際に『ワークマン』のショップで商品を手にとって頂ければ分かると思うのですが、この『D-005 CORDURA 小物ケース』は縫製も良い感じですし、絶妙に使いやすいサイズかなと。

と、言う訳で現場で働く人から事務系の人、釣りやツーリングにも使えそうな『D-005 CORDURA 小物ケース』ですので、是非みなさんも買ってみて下さい。

スポンサーリンク

関連記事