2020年『ワークマン』CORDURAユーティリティショートパンツをゲットだぜ!

ブログ&レビュー

最強のショートパンツを探せ!

気が付けば普段着ている服が『ワークマン』一色になりがちですが、あえて言おう!

「やっと時代が追いついたと!」

そもそも工場で働いている時から、そこそこ御世話になっていた『ワークマン』ですが、今は一般アパレル的なジャンルも頑張っていて、いわゆる『ワークマンプラス』みたいなのもテレビで紹介されていますね~

ちなみに『ワークマンプラス』に置いてある商品は、そこそこ『ワークマン』に置いてありますし、大抵は『ワークマン』でも同じ商品を取り寄せ出来るので、とりあえず近所の『ワークマン』とか『ワークマンプラス』に行ってみたら良いと思います!

そして!

何気にここ数年、筆者のメイン靴下だったコチラの商品が販売終了になったみたいでして、今現在は新しい靴下(涼しそうなヤツ)を色々テストしています。

今のトコロはこれが一番イイ感じかな?

サポート感、グリップ感も上々ですし、なかなか涼しいのでオススメ!

『CORDURA ユーティリティショートパンツ』2900円

そして!

こちらが2020年の夏物イチオシな『CORDURA ユーティリティショートパンツ』で御座います。

いや、当サイトはラーメンばかりと思われがちですが、地味に『ワークマン』のレビューもやってるんですよ。

んで。

そんな感じで毎年『ワークマン』の新商品をチェックしているのですが、今期はこの『CORDURA ユーティリティショートパンツ』にビビッと来た(死語)感じで御座います。

実はこの”CORDURA”シリーズは数年前から有りまして、今まではロングパンツとジャケット、ウエストバッグなどが主だったのですが、今年の夏はショートパンツバージョンも出して来ました。

言うほど”CORDURA”ではない説

ま、パッと見た感じ『ワークマン』にしてはそこまでダサくないし、普通に街でも履けちゃうカジュアル感は良さげですね~

しいて言うなら肝心の”CORDURA”な部分が、ほぼ尻ポケットの部分のみでして、言うほどではない説は浮上します。

逆に?

股の部分も立体裁断かつストレッチしやすく、さらにメッシュ生地まで組み込んでいるので、タマタマの快適さは侮れない可能性……あると思います。

ポケットは大容量である!

まあ、パッと見て「そんなにCORDURAって感じでも無いな~」とは思ったのですが、大型ポケットが複数あって使い易いかな~みたいな感じで衝動買いで御座います。

いや、まあ今までも『ワークマン』には、大型ポケットの衣料品が沢山あったのですが、今度は500サイズのペットボトルもすっぽりとの事でして、これは欲しくなるじゃない?

女子ってわりとバッグ必須で生きてますが、男子は基本「手ぶら主義」で日々を過ごしているので、ジャケットを着なくなる夏とかはポケット飢饉になるんで、ショートパンツに色々入ると便利かな~って。

実際、ペットボトルを入れてみると余裕な感じ?

縫製もしっかりしているので、まあ破れる事も無いでしょうか?

ベルトループの強度もバッチリでして、これなら色々と入れて重くなっても、ベルトでどうにかなると思います。

で。

普通のミリパンとかカーゴパンツにペットボトルとか入れると、わりと足の動きに支障を来すのですが、この『CORDURA ユーティリティショートパンツ』はポケットが袋状になっているので、色々入れても足周りが突っ張らない工夫がされています。

さらに大型ポケットの片方は、内部の仕切りもゴージャスなので、わりと使い勝手も良さげですな。

ファスナーは信頼のYKKである!

そして!

ここら辺は『ワークマン』のコダワリでして、この『CORDURA ユーティリティショートパンツ』も”おてぃんてぃん”が出たり入ったりするゾーンは、世界最強安心安全絶対的信頼の”YKK”が採用されています。

コストパフォーマンスは大事にしている『ワークマン』ですが、基本的には強度とスムーズさを要求される部分のファスナーは、極力”YKK”のを使う様にしているとの事でして、そこら辺の品質には妥協しない姿勢、つまり「安かろう悪かろう」では無い事をアピールしておきたいですね。

リップストップ生地採用!

リップストップ生地とは、昔々ベトナム戦争ら辺で開発された記憶でして、布地に格子状でちょいと強化してあって、その名の通り”裂けにくい布地”で御座います。

ま、これは特に薄い布地に使われる手法でして、薄い布地に強度を持たせる意味合いで幅広く使われていますね。

ここら辺の写真を見ると、縫製の方も丁寧である事が伝わるんじゃなかろうか?

そう言えばコチラも中国製かと思っていたら、なんかカンボジア製になってますな~

まあ、今はベトナム、タイ、カンボジアの衣料品はわりとしっかりしているので、品質管理さえちゃんと出来ていれば中国製よりもベターだと思いますし、業界も中国は人件費が高くなっているので、そっちら辺に移行するのは当然かなと。

謎ポケットが謎過ぎる件

と、言う訳で全体的にイイ感じでして、若干はCORDURA不足感は否めませんが、まあ暑い季節はコッチの方が正解かなと。

しいて言うならコチラのポケット、場所が場所だけに使いにくい感はありますかね?

ん~……スマホとか入れるのは勇気が必要と言うか、チャレンジャー過ぎる予感……

小銭入れを入れても、座った時に微妙だしな~

多分、自分は一生使わないポケットかもです。

『CORDURA ユーティリティショートパンツ』総評

と、言う訳でCORDURA云々言うよりは、とにかく大容量ポケットの使いやすさと、通気性の良さ、軽量さ、お値段の安さなどで推したい『CORDURA ユーティリティショートパンツ』でして、この夏オススメかな~って。

いや、特にカメラやってたりライターで取材だったり運送屋だったりと、ポケットが多い分に越した事がない勢にはマストですし、なんならサポートタイツ系と合わせて履いてアウトドアをエンジョイするのにも最適かなと。

そして!

すでに『ワークマン』ツウであれば周知の事実ですが、あえて言おう!

「だからサイズが小さいねんと!」

もう、こういうウェアは同じ『ワークマン』で取り扱ってるのだから、従来の作業服サイズで表記して欲しいです。

マジで。

多分、いつもLサイズを履いている人は、この”フィールドコア”みたいなアウトドア系シリーズは、1サイズ上だとキツキツ、2サイズ上を買うのがセオリーでして正直シンドイ。

確かに細身なシルエットでオシャレ感をUPしたい気持ちは分かりますが、実用性を伴わないオシャレは『ワークマン』の理念に反するんじゃなかろうか?

いや、あっしだと3Lくらいが動きやすいのですが、3Lってすぐに品切れしちゃうんですよ。

ってか、コレだとMとかLが逆に売れてないんじゃなかろうか?

と、言う訳でサイズ感は要注意ですが、この『CORDURA ユーティリティショートパンツ』はイチオシですので、是非みなさんも買いに行ってみて下さい。

ブログ&レビュー

Posted by yellow