相模原で一番美味しい店は『焼肉はせ川』だと思うのですが?

相模原でナンバーワンの店とは?

ま、相模原の飲食店言うても寿司からラーメンまである訳でして、全てのジャンルを超越して「相模原で一番オススメな店は何処か?」となると、非常に難しい可能性……ないと思います。

ってか、もはや相模原と言う枠組みを超えてナンバーワンな可能性が高い店が有り、そこ1択でほぼほぼ全てを賄えてしまうくらいでして、まさに究極の飲食店ではなかろうか?

と、言う訳で相模原に引っ越して来たばかりの人が、この『焼肉はせ川』に行ける確率は天文学的数字レベルでゼロかもですが、もしかしたら職場の同僚に行った事がある人とか1%くらいの確率でいると思うので、最初は大人しく引率して貰う方向で如何でしょうか?

「いやいや、そこまで面倒な店とか行かないっしょ?」と言う人は、それはそれで良いと思いますし、日常生活に支障が出る訳でも無いので『焼肉はせ川』を知らない人生を送るのも一興ですが、「何故そんなに人気なのか?」って所を推察すれば、やはり何かしらの魅力がある……そう言う事で御座います。

ちなみにココら辺の焼肉の写真、どれも高級なA4クラスの国産牛でして、お値段も厚切りだと1500円前後となっています。

ま、これを高いと思うか安いと思うかは人それぞれですが、ある程度は焼肉を食べ歩いた人ならば、いかに『焼肉はせ川』の肉が安いかを一瞬で把握出来るんじゃなかろうか?

だが、しかし!

恐らくそこまで焼肉に詳しい人も多くは無いと思うので、一般庶民に分かり易く例えると、こんな感じ。

コチラのポテトサラダ、2種類盛り合わせで100円!!!

もう、なんなら一人一皿オーダーしても良いんじゃないか説がある安さですが、それはそれで他の料理が食べられないので、軽く味見しておくくらいに止めておくのが吉で御座います。

さらに!

昨今は”肉の生食”はほぼ禁止された感じですが、何気に馬刺し系だけは今でも許可されておりまして、そこら辺でワンチャンあると思います。

勿論、『焼肉はせ川』には普通の馬刺しもあるのですが、やはりコチラの『馬のシャトーブリアン刺し』(1280円)は必食ですのでオススメしたい。

ま、馬刺しを食べた事がある人も、恐らく半分くらいだとは思いますが、さらに”シャトーブリアン”的な部位を食べた事がある人となるとメチャ少ないと思うので、食べておくと自慢出来るんじゃなかろうか?

とりあえず想像している馬肉とは別モノの柔らかさでして、恐らく通常のザクの3倍は柔らかい食感に度肝を抜かれると思います。

(大袈裟な表現では無い!)

『鮎のバター焼き』1匹180円

前に”AYUラーメン”みたいなのがあって、その流れの一環なのですが、鮎を単品でオーダーする事が可能になっていた次第です。

ま、普通に鮎(AYU)の味ですので必食とまでは言いませんが、ぶっちゃけ屋台で売ってる鮎の塩焼き(小サイズ)ですら500円する世知辛い時代、これで180円とか神価格ですし酒にメッチャ合うので食べておいた方が良いじゃない。

ちなみに最近は「香草を入れたらオシャレかな?」みたいな理由でハーブ系が入っている事もありますが、やはりバター感が強いので香草が苦手な人でも大丈夫だと思います。

『濃厚ウニ・カキ つけめん』800円

そう言えば最初に「全てのジャンルを超越してうんちゃらかんちゃら」みたいな事を書いたと思うのですが、その答えがココにあります。

ほぼほぼ店主の趣味であるラーメンを食べるのが『焼肉はせ川』の作法……と、までは言いませんが、長く通っているとそれなりの”圧”を感じるし、明らかに我々が食べるであろう事を踏まえてメニュー化している感が無きにしも非ずですので、そこは食べる1択で御座います。

ん~……この魔方陣の様な光景、どっかで見た記憶がある様な?

そして麺が降臨して『濃厚ウニ・カキ つけめん』の完成!

ちなみに今回、ウニが微妙に苦手は人に配慮して、カキを10個ほど追加したスープにしてみました。

言うても”カキ1粒30円”ですので、なんなら20個くらい入れても良いかなとも思ったのですが、一応はバランスを考慮して10個で様子見で御座います。

ほほう……わりとウニ系のラーメンは『焼肉はせ川』で何度が食べているのですが、今回は牡蠣と合わせて来ましたか?

若干、どれが”つけ麺”のスープだから良く分からない感があるし、これで何人前なのかすら不明ですが、あえて言おう!

「これ全部で一人前!計1100円であると!」

ま、フィリピンのカップラーメンをお土産で買って来たのでサービスとの事ですが、これの半分だとしても1100円なら神価格かと存じます。

気になる味の方ですが、かなり濃厚なウニ&カキの味でして、これだけの麺が5人で食べたらマッハで無くなる美味しさで御座います。

ちなみに麺の方、片方は熱盛りと言うかスープに浸っていて、もう片方は氷で締めている感じ。

一応、食べ方としては各種スープをベースの”ウニ&カキ”に足して味変させるらしいのですが、ぶっちゃけ各々がそれぞれの味を混ぜずに食べていた可能性……あると思います。

勿論、スープが残ったらライスをオーダーしてドボンするのがパターンでして、今回も最後まで美味しく食べた感じですね。

ご馳走さまでした!

『濃厚ウニ・カキ つけめん』総評

その値段とボリューム感はさて置いて、つけ麺として誠に美味しいヤツだった感じでして、流石は『焼肉はせ川』かなと思った次第です。

ってか、安いウニを使うと露骨に不味くなるのがウニ系ラーメンの難しさでして、やはりウニの良し悪しで勝負が分かれる訳ですが、やはりウニの場合は原価が高い為に、なかなかウニ系のラーメンって無いんですよね~

さらに!

カキと合わせる事で味に深みが出て濃い味でも飽きなくなる可能性……あると思います。

ですので、この『濃厚ウニ・カキ つけ麺』に関してはウニ追加よりも、確実にカキを10個くらい追加した方が、味的にバランスが取れるのでオススメで御座います。

ちなみに写真のデザートは『チョコマウンテン』(500円)と『昭和のモンブラン』(350円)でして、やはり焼肉の締め、もとい『焼肉はせ川』の締めはデザートを食べなきゃって話ですので、覚えておいたらいいじゃない。

そんな感じで全体的にサイコーな『焼肉はせ川』ですが、やはり予約が取れないのが最大の難点でして、最初のきっかけを作るまでが超大変かなと。

とは言え、筆者も最初は一見さんからスタートし、平日の予約をちょこちょこ一年間積んで、やっと金曜日の予約が取れる様になった感じですので、諦めずに頑張ったらドリームズカムトゥルーですので、そこは頑張ってく方向でどうでしょうか?

『焼肉はせ川』(超完全予約制)

神奈川県相模原市南区相模台4-11-6

営業時間 17:00~22:00

定休日 水曜日

電話番号 042-765-5858

『焼肉はせ川』(グーグルマップで表示)