夏のTシャツ「乳首シルエット問題」を『ワークマン』で解決したい

そろそろ夏を意識してみた

夏と言えば薄着の季節、と同時に様々な問題が露呈する季節でも有りますので、あえて言おう!

「Tシャツ乳首気になる問題を解決したいと!」

いや、女子はフランス人以外はブラしてるとして、問題は男子の方でしょうか?

ってか、多分に男子的には普通なんですけれども、女子目線で見ると気になるらしいと言うか、イヤって人も少なくない模様……。

ん~……そう言われても男子がニップレスを使うのって、逆にどうなの?

よしんば爽やかなイケメンであれば許されるとしても、オッサンがニップレス(ニプレス)を使ってたら、それはそれでキモくないですか?

むしろ、オッサンの場合はニプレスを使って乳首のシルエットを消してもキモいし、何もせずに乳首ガンガンアピールでもキモい可能性……あると思います。

そうなると、もはや世に存在してるだけでキモいって結論になっちゃうので、今年の夏は色々と対策してみました。

シルエットが目立たない柄を選ぶ

無難な線ではコレですかね?

やはり単色の無地Tシャツですと、乳首ら辺のシルエットも目立ちがちですし、まして白とか透けてしまう可能性もあるのでNGとす!

結果、ここら辺でどうでしょう?

この位の柄Tシャツになりますと、かなり頑張って探さないと乳首の形跡を探すのは困難と思われ、むしろソコまで凝視されてる場合、見てる側が変態かつセクハラ成立で良いのでオッサンは無罪とす!

『ワークマン』のポロシャツ最強説!

とは言え、Tシャツも布地によりけりですが、それなり布地は薄いので完璧とは言い難いと思います。

そこで!

個人的に今更感あるアイテムとして”ポロシャツ”的な何かでどうでしょうか?

コチラ、わりとTシャツよりは生地も厚めですので、もはや乳首問題は完全に解決出来ると思うんですよね。

ってか、もはやオッサンに出来る限界値がここら辺のラインでして、これ以上オッサン側が何かするってのは難しいですし、むしろソコまで乳首のシルエットを気にするのは女性側の問題、なんならセクハラになると思うんですけど、どうでしょう?

ま、言うてもポロシャツってそんなに着ます?

みたいな疑問もあるのですが、なんか知らないウチにスゲー事になってたので、あえて言おう!

「ワークマン、ポロシャツ作り過ぎ説あると!」

いや、そんなにポロシャツ需要はねぇだろと思うのですが、気が付いたら凄い沢山の種類のポロシャツを買っていた自分が居るよね~

ちなみに今、カタログ上で確認してみたら『ムーブアクティブ半袖ポロシャツ』(980円)、『裏綿半袖ポロシャツ』(980円)、『鹿の子ポロシャツ』(980円)、『吸汗速乾繊維ルクール半袖ポロシャツ』(980円)、『吸汗速乾ハニカムポロシャツ』(580円)、『スーパーアニエールボタンダウンポロシャツ』(980円)、『衿が立つポロシャツ』(980円)、『ムーブアクティブミスティ半袖ポロシャツ』(1500円)、『ムーブアクティブウェーブ半袖ポロシャツ』(780円)、『マッピングメッシュ半袖ポロシャツ』(780円)、『DRY半袖ポロシャツ』(980円)が在りました。

どんだけポロシャツ好きやねん!

『ムーブアクティブミスティ半袖ポロシャツ』1500円

と、言う訳で『ワークマン』に毎月行っちゃうマニアな筆者がチョイスした、今年(2019年夏)の「そんなにダサくないポロシャツ」をプレゼンしたいと思います。

まずはコチラの”Find-Out”的なワークマンのスポーツライン、『MOVE ACTIVE MISTY 半袖ポロシャツ』で御座います。

『ワークマン』のポロシャツの中では一番値段が高いヤツでして、あえてコイツを選ぶ必要があるのか3秒考えたのですが、 言うても普通にポロシャツとして1500円なら安いので買ってみました。

ポイントとしては……袖の下側がメッシュ布地になってる事でしょうかね?

まあ、そこまでスケスケなメッシュじゃないのですが、それなり効果はあるのでしょう。

流石に『ワークマン』でも登山やテニスを意識したスポーツウェアですので、裏側の布地もイイ感じでして、吸汗速乾性も悪くないです。

しいて言うなら胸ポケット、まあポロシャツ全般に言える事ですが、ぶっちゃけ何も入らない大きさでして、タバコとか吸わない人が増えてきた今、何に使えるのかは謎ですな。

個人的には2019年の夏、イチオシのポロシャツでして、色もそんなにダサダサではなく、チョイダサくらいに収まっているので、オッサンが街で着ててもギリセーフだと思います。

ちなみに今回のテーマ”乳首シルエット問題”もクリアしているので、積極的に着て欲しいですね!

『ムーブアクティブドライ半袖ポロシャツ』780円

こちらもスポーツ系な”Find-Out”のラインでして、『MOVE ACTIVE DRY 半袖ポロシャツ』で御座います。

ま、さして胸ポケットの使い道も無いので、お値段780円のコチラをチョイスしてみてもいいじゃない。

基本、ポリエステルって乾きやすい布地素材なのですが、いかんせん肌触りが綿ほど良くないのですよ。

で、『ワークマン』はそこら辺も考えられていて、裏側の布地は肌触り&吸汗性が良くなる様なパターンで編んでいるんですよね~

ゆえにコチラの『ムーブアクティブドライ半袖ポロシャツ』も着心地抜群でして、個人的にイチオシのポロシャツで御座います。

勿論、外側と内側で布地が二重になっている為、Tシャツに比べて乳首シルエット問題も露呈しにくい事を報告しておきましょう。

謎のポロシャツもあるよ!あるよ!!

一応、ワークマンのカタログや公式サイトを調べてみたものの、素性の分からないポロシャツ達も在ります。

まあ、ここら辺は『ワークマン』で取り扱っているだけで、他メーカーが生産していたり、もしくは去年の型落ちモデル……なんでしょうかね?

ここら辺のもなかなか着れる感じのデザインですので、『ワークマン』に行ったら探してみるのも一興で御座います。

特に夏に着る前提ですと布地の感じは重要でしょうか?

このくらい透ける感じだとTシャツ並に涼しいんですよね~

やはり『ワークマン』もスポーツラインと言うかアウトドア方向なウェアを出して来てから、かなり種類が増えていて、もう下着から靴下、パンツ(ズボン)にジャケットまで全てコーディネイト出来ちゃう感じですので、気になる人は近所の『ワークマン』に行ってみて下さい。

ちなみに超大事な事を書いておきますと、『ワークマン』のカジュアルなショップ『ワークマンプラス』で購入出来る商品は、普通に『ワークマン』でも売られているし公式サイトで通販もしているので、近所に『ワークマンプラス』が無くても『ワークマン』で現物をチェック出来る事がある事を報告しておきましょう。

そんな感じで2019年のサマーウェアは、『ワークマン』で揃えてみるのも一興ですので、とりあえず「どんなもんだろうか?」と思う人は行ってみて下さい。