伊豆下田ら辺で海鮮丼を欲したなら『勝』でアジのタタキ丼!

伊豆下田ら辺で海鮮丼を欲したなら『勝』でアジのタタキ丼!

伊豆で海鮮丼が食べたい!

はい、と言う訳でまったく読まれていない感じの伊豆下田の記事シリーズですが、どんだけ読まれないとしてもプロであれば書く側としてベストを尽くすべきですので、いつもと変わらぬ低クオリティーでお届けしたいと思います。

ま、伊豆の下田ら辺に行ったら”海の幸”って事で魚を欲するのが普通でして、かと言って寿司となると値も張るので、庶民的には海鮮丼辺りで手を打ちたい所。

だが、しかし!

伊豆の下田と言えば微妙に観光地、かつ魚も良く獲れる場所ですので、様々な店が海鮮丼を出している訳ですよ。

ゆえに、地元民でもない観光客にとっては、逆にどの店の海鮮丼を食べたら良いのかチョー悩む感じでして、筆者もあれこれ調べてみたものの「絶対にココ!」って言うほどに決め手が無い可能性……あると思います。

で。

それで終わってしまって当サイトが存在する意味が無いので、メッチャ色々と探した結果、ひとつのアンサーが出たので報告したいと思います。

ま、確かに伊豆の下田ですので、どの店も美味しそうな海鮮丼を出して来るのですが、筆者レベルの財布ヂカラでもエンジョイ出来るとなると、それなり限られて来る訳ですよ。

と、言う訳で『勝』に行ってみた次第です。

写真にある通り海鮮丼も各種あるし、伊豆下田にしてはわりとリーズナブルな方でして、この店ならオススメ出来そうな予感!

『カツオ塩辛』税別100円

こんな感じで、どうでしょう?

「海鮮丼を食べないんか~い!」みたいなツッコミはあると思うのですが、モノには順序ってのが有りますからね!

ってか、この『カツオ塩辛』が100円なのにスルーするとか、それは酒呑み的には有り得ない訳でして、食べるでしょうがよって話ですよ、お客さん。

さらに!

芋焼酎の『佐藤』が1杯500円……飲む1択じゃない?

ま、電車の時間を考えてもココがラストステージなので、お酒を飲んでも良いと思います!

『アジのタタキ丼』税別1200円

と、言う訳で海鮮丼の方も頂く事にします。

『勝』には美味しそうな海鮮丼が色々とあるし、『チョイスファイブ丼』(1500円)みたいな自分で魚を5種類選べるナイスな丼もあるのですが、今はストレートに”美味しいアジ”を食べたいモチベなので、筆者的には『アジのタタキ丼』がベストかなと。

ま、確かにアジって伊豆で食べなくても良さそうなモンですが、やはり”光り物”は鮮度が命!

そして!

何時間も掛けて調べた中で、この『勝』がもっとも盛りっぷりが良いと判断して来たのですが、味の方もなかなかで御座います。

恐らく、下手な店に入ったならばこのアジの半分も無い可能性……あると思います。

ま、”盛り付けの妙”もあるのですが、それを差し引いても十分なアジのタタキがエンジョイ出来ます。

勿論、味の方も上々でしてピシッと角の立つ味の切り身、誠に美味しゅう御座います。

この味は流石に相模原では難しい感じでして、やはり伊豆で食べとかないとですな!

しかも、このボリューム……最高じゃなかろうか?

そして!

ぶっちゃけ今日の『カツオ塩辛』はちょっと塩辛かったのですが、こうして御飯と合わせてみると丁度良い塩梅でして、2度楽しめる感じじゃなかろうか?

ま、本当はこういうのってチョットずつ酒を舐めながら食べるのが正解なのですが、電車の時間もあるのでチャチャッと食べないとなのです。

ご馳走さまでした!

『アジのタタキ丼』総評

お値段税別1200円、ボリューム感も上々ですしアジもメッチャ美味しかったので、自分的には満点のランチとなった事を報告しておきましょう。

ちなみに伊豆の下田ら辺ですと、海鮮丼って1500円~2000円超って感じですので、この『勝』は一回りくらい値段もリーズナブルでして、そこら辺も筆者向きかなと。

そんな訳で伊豆下田で「何処で海鮮丼を食べたものか?」みたいな感じになった時は、この『勝』で食べてみて下さい。

地魚と穴子のうまい店『勝』

静岡県下田市武が浜1-14

営業時間 11:00~15:00 17:00~22:00

定休日 不定休あり

『勝』Googleマップで表示

その他地域カテゴリの最新記事