『ローソンストア100』ベビースターラーメンモダンを食べた結果

ベビースターラーメン地獄!

一番最初は「ベビースターラーメン生誕60周年おめでとう!」みたいな清らかな気持ちだったのですが、記事を書けば書くほど……と言うか『ローソンストア100』とのコラボ商品を食べるごとに心が荒んだ感じでして、今はもう完全に地獄で御座います。

しかも!

肝心の視聴率の方もダメダメな感じでして、コレは完全なる作戦失敗な可能性が濃厚であり、どこからともなく玉音放送が聞こえて来ます……

だが、しかし!

すでにたっぷり買い込んだので初志貫徹、最後までやり遂げてやりますよ!

と、言う訳で今回は『ベビースターラーメンモダン』(378円)となります。

いざ実食!

まあ、電子レンジで温めるだけですので、特に書く事も無いのでさっさと実食するパターン。

”モダン焼き”の上にトッピングしたベビースターラーメンが、とっ散らからない様に透明なフィルムで抑えているとか、なかなか気を遣ってますね~

もっとも、気を遣って欲しい所はソコじゃないんですけども!

え~、コチラの商品も一応は公式サイトの戯れ言を引用しますと「モダン焼きとは焼きそば麺の入ったお好み焼きですが、ここではベビースターラーメンを生地の中と上にトッピングしました。 懐かしさ漂う、食べ応えのある一品です。」との事。

うん。

知ってる。

多分、そんな感じの商品なんじゃないかな~って思ってた。

さて。

気になる味の方ですが……ベビースターラーメンの主張が強いですね~

今回はトッピングアイテムとしてのベビースターラーメンが、そのままダイレクトな味&食感ですので存在感が半端ねぇです。

しいて言うなら、モダン焼きの生地の中にもベビースターラーメンが入っているはずなのですが、肉眼では一切確認出来ないんですけども?

ん~……トッピング側の主張が強くて味的にも良く分からないですし?

だが、しかし!

もう、そんな事はどうでも良いと言うか、これだけ連続でベビースターラーメンを味わっていると「なんなら入って無くても可!」みたいなモチベーションになりますし、実際になんら問題ないと思います。

『ベビースターラーメンモダン』総評

基本、今までは値段も安かったので笑って済ませられますが、これは流石にドイヒーとしか言い様がありません。

これで378円?

選択肢として有り得ないでしょ?

まず、ベースとなる”モダン焼き”には肉的なモノが一切感じられないし、味的にも美味しくない、なんなら不味いと書いても問題ないレベルで御座います。

多分、コレを買うなら普通にコンビニで売っている”お好み焼き”を買って、その上にベビースターラーメンをブチ撒けた方が美味しいと思われ、存在価値を見出せませんでした。

と、言う訳で今回のコラボシリーズの中でも『ベビースターラーメンモダン』はハズレですので、賢い人はスルーした方が無難だと思います。