【ワークマン】『ダイヤフリース裏アルミジャケット』を買うじゃない【防寒】

冬の備えは万全ですか~?

え~、今回は今年の冬にイチオシなアイテムって事で、みんな大好き『ワークマン』の『ダイヤフリース裏アルミジャケット』を紹介したいと思います。

ま、今ってわりと冬の定番と言えば『ユニクロ』のフリースって感じでして、駅に行けば何十人、何百人と着ている人を確認出来るのですが、あえて言おう!

「ユニクロのフリース、言うほど温かくないと!」

ん~……なんか一番最初は「スゲー!」って思っていたのですが、なんだかんだと毎年買ってはいるものの、なんか最初の頃ほど温かくない様な?

これは、その暖かさに馴れてしまった説もあると思うのですが、コストダウンの為に布地が薄くなった説もあった気がして、まあ何はともあれ今年は買うかどうか微妙なフィーリングで御座います。

『ダイヤフリース裏アルミジャケット』1900円

そんな貴方に朗報です。

あの『ワークマン』が本気を出したヤツが、コチラの『ダイヤフリース裏アルミジャケット』でして、従来のフリースにプラス、背中側にアルミプリントを施した最強バージョンとなっているんですよ!

まあ、ここら辺は着た事が無い人には分からないかもですが、このアルミプリントの断熱性と言うか熱反射がパネェ感じでして、かなりの保温力があります。

さらに!

フリース素材の毛足が長いので、ミドルレイヤーとして着た場合、かなりの保温力が発揮されると思うのですが、あえて言おう!

「いや、流石に今着たら暑いでしょうがよと!」

実際のフィールドテストは、もうちょっと寒くなってからって感じなんですけれども、本格的に寒くなった頃には、恐らくこの『ダイヤフリース裏アルミジャケット』は売り切れていると思うので、今この瞬間に騙されたと思って買って欲しいと思います。

ちなみにポケットは外側の胸ポケット(スマホ収納可!)の他に、内側の腰付近両側にも2ヶ所あるんで、ここら辺に使い捨てカイロとか入れておいたら爆熱じゃない?

無論、縫製の方もしっかりしているので、これで税込み1900円は買う1択だと思います。

ベースレイヤーは?

ま、街中でしたらTシャツとかでも可ですが、そこら辺も出来れば”吸湿速乾性能”みたいなのがあると、ちょっと汗をかいた時とかに快適ですので、なんならワークマンで揃えてみたら良いじゃない?

アウターレイヤーは『イージス』っしょ?

今回の『ダイヤフリース裏アルミジャケット』はデザイン的には、さほどダサくないので、そのままでも街は歩けると思いますが、多分に風はそれなり通してしまうかもな『ダイヤフリース裏アルミジャケット』ですので、しっかりしたアウターレイヤーを着て、初めて100%の性能が発揮される可能性……あると思います。

つまり!

筆者が2019年に考える最強の組みあわせは、コチラの『イージス360°リフレクト透湿防水防寒DENIMジャケット』(税込み6800円)をアウターに、ミドルレイヤーに『ダイヤフリース裏アルミジャケット』って感じでして、両方合わせて8700円にして、最強クラスの暖かさが手に入るんじゃなかろうか?

一応、筆者はこれで北海道に行くつもりでして、多分に家にある衣類では一番の防寒装備になっている……はず?

『ダイヤフリース裏アルミジャケット』総評

まだ本格的なテストはしていないのですが、もう写真だけで温かいであろう事は想像出来るんじゃなかろうか?

ってか、コレで寒かったら内側のポケットにカイロを入れるか、腹巻きしてカイロを挟むかするしか無い予感でして、とりあえず今年はコレで行ってみようかなと。

そんな感じで激売れな予感の『ダイヤフリース裏アルミジャケット』ですので、とりあえず今すぐ近隣の『ワークマン』に行って買ってみたら良いじゃない。