100均で売ってるオイルサーディンを実食レビュー@トマトコーポレーション

好きです!オイルサーディン!

ま、酒呑みですとそれなり縁のある”オイルサーディン”、すなわちイワシのオイル漬けですが、あえて言おう!

「100均でも売っているだと?」

缶詰とは言えオイルサーディンってちょいちょい高価なイメージでして、まあ1缶300円前後、高級品なら500円とか600円もザラにあるんで、税抜きとは言え100円ってのは破格の値段で御座います。

と、言う訳でぶっちゃけ嫌な予感しか無いのですが、もしも万が一にも美味しかったりしたら、これは革命だと思うので試してみるも一興じゃない。

『100均オイルサーディン』

トマトコーポレーションとか、まったく知らないメーカーですが気に入ったのは値段ですので、細けぇ事はいいんだよって感じで乗り切りたいと思います。

と、言う訳で早速、実食シークエンスになる訳ですが、あえて言おう!

「缶切り……必要であると!」

まあ、希にこういうパターンもあるのですが、流石に100円ですのでこういうパターンは多発すると思われ、所詮は100均商品だな~って。

って事で、怒ると言うよりは呆れる、それすら通り越して諦めムードですが、とりあえずガンジーでオープンして事なきを得ました。

ちなみにコチラの缶切り、ちょっと大袈裟なサイズ感ですが、使い勝手は抜群ですし、壊れる事も無さそうな一生モノですのでオススメ!

いざ実食!

こんな感じで、どうでしょう?

ん~……多分にオイルサーディンをちょいちょい食べてるツウの人なら、誰もが思う事なのですが、あえて言おう!

「イワシ……デカくね?」

あっしが良く食べる『キングオスカー』のオイルサーディンと比べると、デカいと言うよりは巨大な感じでして、どうでしょう?

ま、逆にこの方が安く加工出来るんで、そこら辺も安く販売出来る理由かもですが。

気になる味の方ですが……ちょっとパサってるかな?

100円なら……まあギリ許せるけれども、サバの味噌煮缶ではなく、あえてオイルサーディンを食べる時って、それなり酒もレベルを合わせて用意しているので、コレはちょっとリピートは無いかな~って。

ま、コレに合う酒なら……缶チューハイってレベルかな?

ご馳走さまでした!

『100均オイルサーディン』総評

コレはコレで食べれなくも無いのですが、チョット「今日は美味しいツマミで呑んじゃおうかな~」みたいなモチベーションに水を差すのは否めないので、個人的にはリピート無しって事でFAで御座います。

ま、でも100円なので「戦いは数だよ、兄貴。」の理論で言えば勝算もゼロでは無いので、どうでも良い来客とかのタイミングで、ワンチャンあるんじゃなかろうか?

ってか、そもそもが「パスタやサラダにピッタリ!」みたいなキャッチですので、単品で勝負出来る味では無いって事は、メーカーも暗に認めてる可能性……あると思います。