TANITA『バイブレーションタイマー クイック TD-370N』が鬼便利な件

出張先で寝坊するヤツ~

人として、社会人として生活する以上、まずは「遅刻はしない!」みたいなのって必須要素で御座います。

ここら辺、まあ「起きるのが苦手な人も居るから」とか人それぞれの個人的な事情を理由に「まあまあ」みたいな人も居るかもですが、あえて言おう!

「遅刻は万死に値すると!」

ま、よしんば交通事情とかでの遅刻は誰にでも起こり得るし、それは対応出来ないので電話するなりでフォローすれば無罪の線もありますが、とりあえず”寝坊”と言う理由は極刑に値するぞと。

まあ、こう書くと「大袈裟なw」みたいな人が居ると思いますが、そう思う人は”遅刻常習者”か、その予備軍でして世間では貴様が思っている程、遅刻に対して寛容では無い事を認識すべき。

バイブレーションタイマーですと?

基本、今の時代は誰もがスマホ、最悪でも携帯電話は持っているので、なんだかんだとソレを目覚まし時計変わりにする事は多いと思うのですが、あえて言おう!

「目覚まし時計は2個必要であると!」

居るんですよね~

スマホを目覚まし時計替わりに使っていたけれども、バイブレーションになってて気が付かなかったとかアプリが起動しなかったとか言う輩が。

そもそもが、本気で起きようって人が目覚まし1個しかスタンバイしてない時点で、社会人としてはリスク管理がなってない説しかなく、スマホの目覚まし機能は予備くらいのつもりで居て欲しいぞと。

と、言う訳で筆者も出張に行く時は”小さな目覚まし時計” を持ち歩いていた訳ですが、あえて言おう!

「小型と言えどもそれなり邪魔であると!」

と、言う訳でメッチャ小さい目覚まし時計を探してみた結果、この『バイブレーションタイマー Quick』に辿り着きました。

ま、写真だと大きさがイマイチ伝わらないかもですが、実物を手に取ると「小さっ!」ってなると思います。

とは言え、目覚まし時計って時計として文字を見る事は希ですので、出張とかの事を考えたらコレで十分な可能性……あると思います。

もっとも『バイブレーションタイマー Quick』は時計も付いていますが、あくまでも”カウントダウンタイマー”ですので、何分後とか何時間後とかでセットする感じ。

バイブレーションは便利である!

まあ、小さいだけの目覚まし時計なら色々ある訳ですが、この”バイブレーション機能”が鬼便利なんですよね~

例えば電車でチョット寝たい時とか?

予め目的の駅に着く時間のチョイ前に、この『バイブレーションタイマー Quick』で何分後(何十分後)をセットしておけば、誰にも迷惑をかけずに目覚める事が可能で御座います。

ちなみに『バイブレーションタイマー Quick』は、なかなかバイブレーションも強めですので、まあパンツのポケットとかシャツの胸ポケットに入れておくとかなら100%目が覚めると思います。

(流石にコート類や上着のポケットでは微妙)

ですので、筆者もちょいちょい”お昼寝する派”ですが、周囲の人に迷惑をかける事もなく、サイレントに起きる事が出来るのはナイスなアイテムかなと。

『バイブレーションタイマー Quick』総評

ま、本来はタイマーのセットの仕方とかを詳しく写真で乗せるのがレビューなのですが、あえて言おう!

「雑にレビューしてナンボの雑レビューであると!」

ですので、まあ値段も安いのでとりあえず買って、後は各々で取扱説明書を読んでみたら良いじゃない。

まあ、大事な事だけ書いておきますと、タイマーは最大で”23時間59分59秒後”までセット出来るので、通常の睡眠であれば目覚まし替わりに利用出来るぞと。

そんな感じで会社でお昼寝する人とか、電車でちょいちょい寝る人、出張先で絶対に遅刻出来ない人は、この『バイブレーションタイマー Quick』を買っても絶対に損は無いと思うので、この機会に買っておいて下さい。