相模原『中村麺三郎商店』寒い季節に”白湯らぁ麺”的なラーメンを食べる正義

ラーメン好きなら淵野辺1択!

と、言う訳で相模原ってそれなり住みやすいのですが、特に淵野辺とか平和で飲食店もそこそこあるのでサイコーなのですが、あえて言おう!

「ラーメン好きには特にオススメであると!」

正直、急行さえ止まれば完璧な淵野辺なのですが、まあ基本的には各駅に乗ってもJR横浜線の場合は、そんなに到着時間に差が出ないので、希に町田駅の乗り換えで「あ~、コレは急行だから駄目ですわ……」みたいな瞬間以外は、わりとノーダメージで御座います。

むしろ?

徒歩圏内にそこそこラーメン屋さんがあって、ランチの選択肢が多かったり、スーパーマーケットも沢山あるし、病院とか学校も揃っているし、町田駅周辺よか全然家賃も安いので、年収400万円以下なら淵野辺に住むのが正解!

と、言う訳で淵野辺の美味しいラーメン屋さん『中村麺三郎商店』に行って来ました。

この『中村麺三郎商店』が出来てからは、町田の『進化』や『一番いちばん』、『天国屋』とかに行く回数がメチャ減った感じでして、やっぱ距離感は大事かなと。

ま、この『中村麺三郎商店』は何を食べても美味しいのですが、個人的には『白湯らぁ麺』にハマってますね~

あとは希にTwitterで限定ラーメンの情報とかも流れるので、そこら辺はしっかりフォローしておくのが吉だと思います。

『白湯らぁ麺』850円

こんな感じで、どうでしょう?

ぶっちゃけ『中村麺三郎商店』のラーメンは美味しいので、常に大盛り視野なのですが、この日はナポリタン1㎏が控えているので、泣く泣く『白湯らぁ麺』も控える感じで御座います。

さて。

ベーシックな『白湯らぁ麺』でして、今回はノートッピングな感じですので、ビジュアル的には地味かもですが、やはりスープの雰囲気とかビンビン来るモノが感じられますね~

勿論、ここら辺のチャーシューもバリ旨なのですが、やはり『中村麺三郎商店』は麺とスープのウェイトが高いので、筆者の好きなワンタンもスルーしちゃう感じ。

いや、ぶっちゃけメガナポリタンはゴミ箱に投げ捨てて、コチラで『特製白湯らぁ麺』とか食べた方が1000倍幸せなんですけども!

さて。

この『特製白湯らぁ麺』も、やはり『中村麺三郎商店』オープン当初と比べるとブラッシュアップを重ねているので、やはり雰囲気も前回食べた時と微妙に違う予感ですが、あえて言おう!

「やっぱ美味しいじゃないと!」

ん~……まあ、塩とか醤油は町田御三家である『進化』『一番いちばん』『天国屋』と同じくらいかな~と思うのですが、やはり”白湯ラーメン”ってなると『中村麺三郎商店』の独壇場かなと。

ま、そこは他の店がほぼ清湯しかやってないってのも有りますが、やっぱここら辺で一番美味しい白湯なら『中村麺三郎商店』1択だと思いますね。

なんとなく前に食べた時よか、魚介感と言うか節感が強くなってる気がしますが、乾物系のエグさは皆無でして、ただただ旨味が強くなった感じです。

ん~……やっぱ『中村麺三郎商店』はレベル高いですな!

ご馳走さまでした!

『白湯らぁ麺』総評

と、言う訳で本日も大満足な『白湯らぁ麺』でして、『中村麺三郎商店』が淵野辺を選んでくれた事を神に感謝したいと思います。

いや、ソコは店主に感謝すべきなんですけどね!

まあ、ラーメンって好み次第な面もあるので、やはり万人に美味しいって言わせるラーメンは難しいのですが、この『中村麺三郎商店』は”醤油、塩、白湯”のどれもが、頭ひとつ抜け出た美味しさですので、とりあえず淵野辺ら辺でラーメン接待するなら、間違いなく最有力候補かなと。

そんな感じで、流石に相模原に住んでいて『中村麺三郎商店』を食べた事がない人は居ないと思いますが、逆に町田勢は知らないかもですので、この機会に食べに行ってみたら良いと思います。

『中村麺三郎商店』@淵野辺

神奈川県相模原市中央区淵野辺4-37-23

営業時間 11:30~15:00 18:00~21:00

定休日 水曜日(火曜日は昼営業のみ)

『中村麺三郎商店』Googleマップで表示