新大久保『ジョンノホットク』ポテトモッツアレラ米ハットグどうでしょう

新宿区,スイーツ全般

『ジョンノホットク』イケメン通り店

東京都新宿区新大久保1-16-29

営業時間 10:00~21:00

定休日 無休

『ジョンノホットク』Googleマップで表示

平日でも混んでる新大久保に行ってきた日

新大久保に久しぶりに行ってきましたぁぁぁ!

といっても1か月半ぶりくらいなんですけどね……

新大久保と言ったら人が多い&韓国というイメージだとは思いますが、平日でも混んでるんですよ……新大久保。

私が行った日は火曜日で、週の真ん中らへんの日中なのに混んでいる。

新大久保が空く日は未来にもない気がする……

新大久保には新宿に行って暇なときによく行くんですけど、新大久保のスーパーって韓国料理のお惣菜とかがあって、しかも安くて好きなんですよね~

この日は人混みにつかれてスーパーに寄らず帰ってしまってんですけど、今度新大久保のスーパーのお惣菜レビューもしたいなぁなんて思ったり?

さぁ新大久保ですが、本当に出店というか、食べ歩きできるようなものが売っているところが多いんです!

”オレオチュロス”だったり、もちろん”タピオカ”も!!

しかし、みなさんが思いつく新大久保といえば?の食べ物って何ですか?

もはや新大久保に行かなくとも、下北沢にも町田にもあるのですが”チーズハットグ”ってイメージありません?

一番最初の”チーズハットグ”は私が高校2年生の時にできた『アリランハットグ』のだと思うのですが、2年後のいまフランチャイズ契約のお店が全国にできるくらいになるとは思いませんでした……

「一世を風靡した」といっていいくらいですよね。

そんな”チーズハットグ”ですが、調べたところこの「Food News」のには載っていない!!

ここはJDである私が書くしかないなっということで、今回は新大久保のイケメン通りにある『ジョンノホットク』に行ってきました~!

ハットグだけじゃないのよ『ジョンノホットク』

ここ『ジョンノホットク』ですが、”チーズハットグ”しか売ってないんでしょ?と思っているそこのあなた!!!

”チーズハットグ”だけでは満足しないのが今の新大久保なのです。

まずは”ハットグメニュー”ですが、チーズだけではなくソーセージの入ったいわば“ホットドッグ”もあるのですが、もちろんただの“ホットドッグ”ではなく、生地が米粉を使用しているので甘くてもっちりとした食感なのです。

そして、”ハットグメニュー”の他には”ホットク”のメニューもあります。

”ホットク”は昔からある新大久保の定番的なイメージがあるけど、どうなんだろ……

油をたくさん使ってあげ焼きするので、あつあつのサクサクで、中の具がとろとろで”ホットク”もおすすめなんです。

そしてなんとなんと、”トッポッキ””タッカンジョン”もあるんです!

前にSサイズの『チーズトッポッキ』を食べたときは、Sなのにこんなに入ってるの!?ってくらい入っていて、お得で美味しくてこちらもおすすめなのです。

さぁ、数あるメニューの中から今回は『ポテトモッツアレラ米ハットグ』と『チーズタッカンジョン』を注文!!

注文方法はお店の横にある券売機で食券をかって、食券を店員さんに渡してから並んで受け取りましょう!