相模原『うどん家 来夢』カレーうどん vs 猫舌(46歳独身男性)

『カレーうどん』800円

こんな感じで、どうでしょう?

ん~……猫舌の筆者にとっては二度死ぬビジュアルですが、やはり”カレーうどん”は片栗粉的なトロミ感が加わるので、寒い冬でも最後までアツアツのアーで食べれるのはナイスだと思います。

猫舌的には、どうかと思いますが。

ちなみに『うどん家 来夢』は4種類の”カレーうどん”があるのですが、まずは一番ベーシックなヤツを食べるのは、いつものセオリーで御座います。

この立ち上る湯気……イイ感じじゃない?

確実に猫舌な筆者を殺しに来てる感しかありませんが、そもそも猫舌に生まれた筆者が悪いので、この『カレーうどん』に罪はありません。

そして!

やはり”カレーうどん”にはネギ、それも青い部分がマストかな~って。

さらにカレー単体の香りだけではなく、さりげなく和風な出汁の香り、すなわち鰹節的な良い香りも立ち上る感じでして、やっぱ”カレーうどん最強伝説”は嘘じゃなかったと思います。

気になる味の方ですが、熱くて良く分かりません。

嘘です。

流石に『カレーうどん』ほどに味が濃ければ、キャットタンな筆者にも味が伝わる感じでして、カレーのエキセントリック感の裏にある日本人の心、すなわち”鰹出汁”的な部分の二重奏が素敵な予感。

まあ、一言で言えば誰が食べても美味しいヤツって事ですよ!

ご馳走さまでした!

『カレーうどん』総評

そもそもが。

わりとテキトーな”立ち食い蕎麦屋”のカレーうどんですら、ソコソコ美味しいのに、手打ちうどんの『うどん家 来夢』&ガチうどん屋の出汁を合わせた『カレーうどん』とか、そりゃ美味しいに決まってるでしょうがよって話で御座います。

と、言う訳で去年の冬は味噌ラーメンを推して華麗に失敗した当サイト、今年の冬は”カレーうどん”にワンチャン賭けてる感じですので、もう猫舌であろうがなかろうが、とりあえず『うどん家 来夢』の『カレーうどん』は美味しいので、是非みなさんも食べに行ってみて下さい。