相模原で一番美味しいカレーの店『マボロシ』でポークカレー大盛

『ポークカレー大盛 辛口』1100円

こんな感じで、どうでしょう?

今日はチキンとポークの2択だったので『ポークカレー』(1000円)、プラス100円で大盛りにして、辛さは辛口にしてみました。

トッピングの『パクチー』(100円)も気になったのですが、今日はソリッドに『マボロシ』の味をエンジョイしたいので、それらトッピングは無しで御座います。

ん~……流石に大盛りにすると、なかなかのボリューム感でして、男子ならば大盛りくらいが丁度良いんじゃなかろうか?

さらに!

写真を見れば一目瞭然、この”ポークヂカラ”はヤヴァイですな~

あまり脂肪っぽい部分は無いので、恐らく腿肉的な部位だとは思いますが、予めスパイスに浸けているっぽく、非常に柔らかく仕上がっている事も報告しておきましょう。

サイドの方はこんな感じ。

更に食べ終わる頃にはチャイ的なスパイスティーも出るので、これで1100円はリーズナブルですな!

ライスの方は普通に日本の米を使ったターメリックライスですが、今日は大盛りなのでなかなか食べ応えがあると思います。

ん~……このスパイス感……写真でどこまで伝わるものか?

ちなみに『マボロシ』はオーダーごとに2人前づつ、都度調理する感じでして、毎回スパイスを炒めて香りと風味を引き出す所からスタートしているので、それなり時間も必要ですが、やはりスパイス感って事ではかなりキテるんですよ!

ここら辺、ただ単にスパイスを沢山入れて煮込んだカレールーを盛り付けるだけでは、絶対に出せない味&香りでして、手間は掛かるけれどもカレー的には重要だと思いますね。

そして!

この『マボロシ』で唯一の注意点があるとすれば、この唐辛子的な何かでして、コイツの扱い方を知らないと爆死するので要注意で御座います。

まあ、公式には「辛さが足りない場合少し潰して辛さを足して下さい。」との事ですが、あえて言おう!

「食べれば栄養であると!」

そんな風に考えていた時期が俺にもありました。

いや、マジのこの唐辛子は超辛いので、そのまま食べるのはオススメしないです。

あと、使うタイミングは後半戦がベターかな?

ちなみに筆者はメンドーなので丸ごと食べる派ですが、流石に前半に食べると味覚が狂うので、最後の方に食べる事にしています。

ご馳走さまでした!

『ポークカレー大盛 辛口』総評

と、言う訳で今年の『マボロシ』も去年と変わらず美味しい感じでして、やっぱ相模原ら辺では一番好きなカレーですかね~

ここら辺は人によって好きなカレーのタイプが違うので、どれが一番ってのは決め難いのですが、ある程度カレーが好きなユーザーからの評価も高く、実際に平日でも行列で毎日営業時間の終わりを待たずに完売している実績も考慮すると、やはり相模原ら辺ではナンバーワンのカレー屋さんだと思います。

ま、スパイス感があると言っても辛さを普通にしておけば、そこまで辛い訳ではないので、唐辛子さえ食べなければ死ぬ事はないぞと。

そんな感じで、相模原ら辺で一番オススメなカレーと言えば『マボロシ』ですので、是非みなさんも食べに行ってみて下さい。