相模原『大鳥屋料理店』創業100年!カレーうどん最強伝説!!

『カレーうどん』850円

こんな感じで、どうでしょう?

ん~……いいですね~

やはり『カレーうどん』にはネギの青い部分もないと、ちょっと物足りない感じでして、流石に『大鳥屋料理店』は分かってらっしゃる。

レンゲ的な何かが大きいので、ちょっとサイズ感が掴めないかもですが、丼が底の方から切り立っている形状ですので、なかなかのボリューム感で御座います。

しかも!

さらに追加のネギも用意されていたりして?

この立ち上がる湯気……猫舌にとっては絶対的ピンチな状況ではありますが、そのリスクを上回る美味しさを感じます。

ちなみに撮影テクニックとしては、各種光源が用意出来ないシチュエーションの場合、太陽光を利用して逆行気味にして、シャッター速度を上げると湯気を捉えやすい的なワンポイントアドバイス。

ちなみにネギ以外の物体が見えますが、なんと”角煮”的な何かが入っていました!

ま、コレがレギュラーな状態なのかは謎ですし、角煮的なアイテムが余っていた説もありますが、食べる側としてはウェルカム案件ですのでラッキーだったぞと。

そして!

この『大鳥屋料理店』の”田舎うどん”的なヤツが、カレーにマッチするんですよね~

写真を見れば分かると思いますが”手打ち、手切りのうどん”って感じでして、まさに”うどん”の原点と呼べる味かなと。

いや、うどんに関しては様々な太さと言うか形状があって、どれも美味しいとは思うのですが、カレーうどんに関していえば、太い方が美味しいと思います。

ん~……このブリンブリンの食感、なんなら”すいとん”って呼べるレベルの極太うどんってのも、ハマる要素ありますな!

角煮も美味しいですし?

やはり『大鳥屋料理店』の”うどん”は美味しいので、2020年も積極的に布教しようと思います。

ご馳走さまでした!

『カレーうどん』総評

ま、そこはカレー蕎麦も美味しいとは思うのですが、筆者は猫舌ゆえにアツアツな料理は食べるのに時間が必要でして、そうなると”うどん”の方が伸びにくいので、基本的にカレー物は”うどん”1択で御座います。

いや、確かに年末のタイミングを余裕で逃がした感はあるのですが、なんかココ最近は冬らしく寒い日が続いているので、今こそ『大鳥屋料理店』の『カレーうどん』が輝くタイミングな可能性……あると思います。

店の前に駐車場も4台分くらいありますし、相模原では数少ない老舗のひとつですので、是非みなさんも『大鳥屋料理店』の美味しい”蕎麦&うどん”を食べに行ってみて下さい。