八王子『喜多方ラーメン坂内』喜多方わんたんラーメンを食す!

八王子『喜多方ラーメン坂内』喜多方わんたんラーメンを食す!

喜多方ラーメンってどうよ?

昔々、まだまだスーパーマーケットには生ラーメンがそんなに並んでいなかった時代、わりと早い段階から商品化されていたのが”喜多方ラーメン”だった予感でして、筆者も子供の頃には御世話になってた記憶で御座います。

いや、当時は家で作れるラーメンの選択肢が少なくって、ほぼ『シマダヤ』のヤツ1択だったので、希に入手出来た喜多方ラーメン的なのがメチャメチャ美味しく思えたのですよ。

とは言え。

それから時は過ぎ、今では自由にあちこち出掛けられる感じになったのですが、あえて言おう!

「本場の喜多方ラーメンは食べた事がないかもと!」

まあ、他のラーメンはわりと食べてると思うし、なんなら”大つけ麺博”みたいなイベントもあるので、それも含めればほぼ制覇しているはずですが、大つけ麺博にも喜多方ラーメンってジャンルはあまり記憶にないので、多分に食べてない予感。

って事で、そこら辺もいつかは行ってみたいな~とは思うのですが、今の状況とかPV(視聴率)やら収入を考えると、なんか来年とか再来年かな~って。

と、言う訳でとりあえずソレっぽい『喜多方ラーメン坂内』に来てみた次第。

まあ、言わずと知れた喜多方ラーメンのチェーン店でして、ちょいちょい見掛ける店ですが、何気に相模原と町田には存在しないので、八王子まで遠征する感じ。

ん~……メニューを見るとセットで食べてナンボかな?

やはりイチオシは『焼豚ラーメン』みたいなヤツだと思いますが、お値段もソコソコでして、スープを店で炊いていなさそうなセントラルキッチンっぽいラーメンに、そこまで払うつもりはないぞと。

まあ、平日は15時まで”半ライス無料サービス”みたいのもあるので、そこら辺も利用すればコスパはまあまあですかね?

『喜多方わんたんラーメン』880円

こんな感じで、どうでしょう?

まあ、チャーシューはそこまで欲していませんが、ワンタン的なのがあるなら試してみたいので、そこは『喜多方わんたんラーメン』を食べるじゃない?

一応は半ライスも無料なタイミングだったのですが、これ以上カロリーや糖質を取ると死んでしまうので、そこは華麗にスルーします。

いや、大盛り無料は乗っかりますが、あまりラーメンとライスは同時に食べない派ですので。

さて。

宣材写真とまあまあ同じな雰囲気でして、ここら辺は厳密にチャーシューやワンタンの数も決まっていると思われ、多分にどの『喜多方ラーメン坂内』でオーダーしても同じのが出て来るっぽい予感。

まあ、それがチェーン店の良いトコロでもあり、微妙なトコロでもある訳ですが。

ま、写真通りになかなかのワンタンヂカラ&チャーシューヂカラでして、大盛りにしなくてもボリューム的には足りてると思います。

そして!

気になる味の方ですが……そこそこ美味しいかな?

それなり丸みのあるスープに喜多方ラーメン的な平打ち気味の縮れ麺、まあ大体は喜多方ラーメンだとは思うのですが、本物の喜多方ラーメンを食べていないので、この『喜多方ラーメン坂内』の味が正解なのかどうかは謎。

ま、細かい事はキニシナイの精神で美味しく頂けると思います。

ワンタンは餡もちょいと多めな感じでして、そこら辺は高評価ですね~

まあラーメンの味的には嫌いじゃないし、ワンタンもチャーシューも美味しかったので、特にディスる要素はありません。

ご馳走様でした!

『喜多方わんたんラーメン』総評

まあ、可もなく不可もなしって感じの『喜多方ラーメン坂内』でして、この『喜多方わんたんラーメン』も次第点だと思います。

ここら辺は『一蘭』と同じ感じでして、本場の人から見たら許されないラーメンかもですが、本物を知らない人にはウケが良いみたいな?

もっともチェーン店ってのは一部のマニアを唸らせるよりも、ファミリー層を相手に満遍なく売ってナンボですので、そんなもんかな~って。

と、言う訳でさして喜多方ラーメンを知らない筆者が言うのもアレですが、多分に『喜多方ラーメン坂内』はまあまあ喜多方ラーメンだと思うので、そこら辺を欲した時にワンチャンあると思います。

『喜多方ラーメン坂内』八王子店

東京都八王子市中町7-9 中町ビル

営業時間 11:00~23:45

(金土曜日は0:45、日曜日は22:45まで)

定休日 無休

『喜多方ラーメン坂内』Googleマップで表示

八王子カテゴリの最新記事