『博多だるま 総本店』本場の博多ラーメンってこんな感じ?なのか?

博多ラーメンどうでしょう?

まあ、それとなく福岡県に進出し、なんとなく本場の”長浜ラーメン”を食べてみたのですが、あえて言おう!

「博多ラーメンとはと!」

と、言う訳で今現在、こんな状況なんで営業している店を探すのも一苦労な訳ですが、どうにかこうにか徒歩で『博多だるま』に行ってみた次第。

ま、わりとコッチ系ではガチ勢とされる店ですが、まあ今はこんな状況ですし平日なんで、わりと空いている感じかな?

思ってたよりも簡素な建物ですが、まあラーメンの味には関係ないって事で。

メニューの方はこんな感じ。

お値段普通っちゃ普通ですが、微妙にハイソなメニューも混ざっているので要注意ですな!

言うても、基本は1000円札スタートですので、うっかり買ってしまうって事は無いと思いますが。

ってか、何をどうやったら1420円もするラーメンになるのか試してみたい気も1㎜くらいはありますが、今回も連食中なので軽くスルー。

いや……そもそも、こんな値段のラーメンが本当に一番の売れ筋なのか小一時間は問い詰めたい……オメー、コレを売りたいだけなんじゃないかと。

と、言うかラーメンよりもサイドメニュー的な”酒のツマミ”と酒が充実している感じでして、そこら辺もエンジョイすべきなのだろうか?

ここら辺のラーメンも気にならなくはないのですが、やはり初見はベーシックなのから食べなきゃですからね~

ちなみに今はこんな状況ですので、卓上調味料とかはテーブルに置いてない感じ。

『ラーメン』700円

こんな感じで、どうでしょう?

ネギがドカーン、チャーシューがドーンみたいなビジュアルからのスープですが、かなりコッテリ感が漂いますね~

そして!

写真ではまったく伝わらない、この”豚骨スメル”……

いよいよ博多ラーメンっぽくなって来た!……のかな?

スープの表面を覆う油の量も半端ねぇ感じでして、コイツはなかなかハードな予感しかないのですが、あえて言おう!

「一口目の拒否感が半端ねぇと!!!」

マジか~

わりと博多ラーメンは豚骨臭いと言われていたものの、なんだかんだとそこまで豚骨臭いラーメンに当たらなかったの油断してたのは否めませんが、この豚骨スメルは何処からやって来たのだろうか……なんじゃ、こりゃ。

ん~……コレが本場の博多ラーメンと言われたら、そうなのかな~とは思うのですが、個人的にはただただ豚骨スメルに圧倒されるだけでして、良くまあこんだけ臭いラーメン作れたなと。

ってか、ただ単に前の日のスープを足すだけで、ここまで強烈なニオイのラーメンが出来るのかと逆に感動したかもですが、美味しいってのとはチョット違う気がした次第。

なんだかな~

ラーメンが人に合わすのではなく、食べる側がラーメンに合わせないと、美味しいって感想が出て来ないみたいな?

麺は細麺ストレート、否応なしにスープも絡むので、全体的に重たい印象……

まあね。

『ラーメン二郎』も一番最初に食べた時はクッソ不味いと思ったので、この『博多だるま』のラーメンも何回か、何十回か、何百回か食べたら「美味しい!」と思えて来る日が訪れるのかもですが、まだまだ筆者の修行が足りなかったと言う事で。

ご馳走さまでした!

『ラーメン』総評

「言うほど博多ラーメンって臭くなくね?」と油断していた筆者に、とんでもないカウンターパンチみたいな『博多だるま』のラーメンな訳でして、これはチョット目から鱗と言うよりは、単純に博多ラーメンが嫌いになりました。

この臭さもクセも博多ラーメンですと言うのなら、卒業待った無しでして、ちょっと博多ラーメンの概念が揺らぐ案件で御座います。

いや、それなりファンの多い『博多だるま』みたいですし、創業昭和38年って事でして、その歴史とかも考慮するとリスペクトなんですけども。

とは言え、後にも先にもここまでクセの強い博多ラーメンは『博多だるま』だけでして、この味が博多ラーメンの正解なのかっちゅう謎は無くも無いです。

と、言う訳でそう言った意味では確実にオンリーワンな『博多だるま』ですので、とりあえず博多ラーメンの洗礼を受けたい人は食べてみるべきかもですね~

『博多だるま』総本店

福岡県福岡市中央区渡辺通1-8-25

営業時間 11:30~15:30 18:30~24:00

土日祝日 11:30~24:00

『博多だるま』Googleマップで表示

2020-04-22その他地域,ラーメン&つけ麺

Posted by yellow