暇だからオイルサーディンを作ろうず

ブログ&レビュー

オイルサーディンどうでしょう?

前はちょいちょい釣りに行けてたので、希にイワシの群れが入って来ると大量にゲット出来た為、それとなくイワシ料理も研究したのですが、あえて言おう!

「オイルサーディン最強伝説であると!」

なんだかんだとイワシって調理法は沢山あるのですが、いかんせん生魚ですと日持ちしないので、出来る事なら”保存食”がベストで御座います。

ってか、オイルサーディンを知らない人が居るとは思えませんが、もしかしたら酒を呑まない人達は意外と馴染みがないので補足しておきますと、イワシをオイルで加熱して冷まし、そのままオイルに浸けた保存食でして、良く缶詰で売ってるのを見掛けるんじゃなかろうか?

オイルサーディンの作り方

まず新鮮なイワシを入手します。

釣るのがベストですが、都会だと釣るのも大変なので、そこは臨機応変に!

逆に田舎で条件が揃うとイワシなんかメッチャ沢山釣れるんですけどね~

今回は手抜きと言うか、別にイワシを捌いても良いのですが、多分に多くの人はイワシすら捌くのを面倒がると思ったので、開いてあるのを買って来ました。

これなら尻尾を落とすのみ!

後は下味の塩と胡椒をキメて、キッチンペーパーで余分な水分を拭き取っておきましょう!

今回はオリーブオイルを使うので、ちょっと金額的にシンドイ為にケチってビニール袋で加熱してみます。

基本、油で煮れば良いのですが、あまり加熱するとイワシがモッサモサの食感になってしまうし、生ではNG……なかなか難しい部分があるかな?

ですんで、とりあえず大きな鍋に湯を沸騰させ、火を止めてからイワシとオリーブオイルの入った袋をブチ込みました。

これならビニール(ポリエチレン)が溶ける事もないですし、余熱でイイ感じに熱が入る……はず?

この時、空気を水圧で抜くようにして入れましょう!

後は鍋の湯が50度くらいになるまで放置してヨシ!

結果!

開け口は沈めてないのに……浸水してるだと?

やはり”ジップロック”以外は信用ならないですね……

まあ、仕方ないので結局はいつものタッパに入れて、再びオリーブオイルを入れ直し一晩寝かせます。

本気で保存する時は、蓋の出来る瓶で作ると、そのまま長期保存出来るのでオススメ!

(保存期間はクオリティー次第ですが)

いざ実食!

一晩経つとこんな感じ。

ちょっと身が出ちゃってますが、冷蔵庫で一晩なら問題ないでしょう。

そのまま食べても美味しいのですが、本日は”引き籠もりの日”(今現在、ロケを半分以下に減らして自粛中)なので、サンドイッチにしてみました。

ま、パンにマヨネーズを塗って挟むだけなんで、特に難しくもないですし、わりと具材として優秀で御座います。

なんならマヨネーズら辺に”追い黒胡椒”も良いですね~

ご馳走さまでした!

『オイルサーディン』総評

と、言う訳で「家に居て暇だな~」みたいな時こそ料理すると気分転換になるので、オススメで御座います。

んで。

オイルサーディン関係ないのですが、こんな状況で当サイトの視聴率も落ちているし、Googleアドセンスの広告費も超安くなってる感じで御座います。

ここら辺、夜中の0時にリセットされるみたいで、明け方までは広告費も普通なのですが、やはり広告自体が少ないと言うか、企業が広告費をセーブしてるので、朝くらいには広告が尽きちゃう感じかな?

(1日〇〇円まで!みたいな感じで広告を出すプランが多い為)

そんな訳でユーザー様に影響が少ない今、ちゃちゃっとサーバーを引っ越しした感じでして、一応はこの記事からは確実に全ての記事が新サーバーで快適に見れてる……はず?

多分、写真の読み込みはメッチャ速くなった……はず?

そんな感じで暇な人は、なんとなくオイルサーディンを作ってみて下さい。

ブログ&レビュー

Posted by yellow