六角橋でG系なら『登良治郎』の小ブタラーメンどうでしょう?@横浜

六角橋でどうでしょう?

横浜進出うんちゃら言う前から、何気に横浜の白楽駅ら辺と言うか、六角橋ら辺にはちょいちょい行ってる感じで御座います。

ま、知っての通りアソコら辺は美味しいラーメン屋さんが集まってるんで、そこそこ前からラーメン的にはホットスポットなんですよね~

そして!

ラーメン以外に天丼だったりカレーだったり洋食だったりと、色々とマニアックな店があるので、やはり当サイト的には注目せずにはいられないぞと。

と、言う訳で久し振りに『くり山』に行ってみたのですが、あえて言おう!

「只今、絶賛臨時休業中であると!」

新しくオープンした”三井アウトレット店”の方に人を回しているらしく、しばらく本店の方は営業しないみたいですね~

ん~……なんか無理して店出しちゃったんじゃないのか感しか無いと言うか、本店締めてまでソッチやるか~感はあるのですが、こういうタイミングでラーメン屋としての軸足がブレなきゃ良いな~と思うばかりで御座います。

だが、しかし!

そこは六角橋ですんで、すぐに第2第3の候補に流れるまででして、ロケ的にはなんら問題ない可能性……あると思います。

って事で、ちょいと久し振りな『登良治郎』(とらじろう)に行ってみた次第。

ま、神奈川大学とかある土地柄ですんで、やはりG系は流行るだろ~みたいな雰囲気ですが、やはり自粛とかオンライン授業の影響で、微妙に空いてるかもですな~

やはり大学生が居る町ですと、そこら辺の需要がゴッソリ無くなるってのは、マジに死活問題と思われ、こればっかりは学校で授業が始まらない事には無理ゲーかなと。

ってか、多分に9月からもオンラインだったりしたら、今まで大学周辺に点在していた学生向けの店は半分以上が閉店すると思います。

『小ブタ2枚』800円

こんな感じで、どうでしょう?

まさにG系のオーソドックスなビジュアルでして、なかなかイイ感じではなかろうか?

ちなみにコールの方は「ニンニクで!」みたいな感じでんで、盛りっぷり的にもコレが『登良治郎』の標準かと思います。

ブタの方もなかなかのボリューム感でして、これならブタ増しも視野ですな!

ヤサイの方はイイ感じの茹で加減でして、ここら辺も申し分なし……と。

スープの方はちょいとリーンですが、まあG系ですと標準的とも呼べる仕上がりでして、どちらかと言えば非乳化系なのかしら?

もっともG系でブッ濃い店の方がレアですんで、普通の人は濃いとも薄いとも感じないかなと。

そして!

麺の方ですがコチラはなかなか個性的でして、わりと加水率も低めでバキバキにハードで極太な仕上がりで御座います。

最近は食べやすさ……と言うか、製麺のしやすさとかでわりと細めの軟弱な麺が多くなってるG系界隈ですが、この麺はイイ感じだではなかろうか?

ご馳走さまでした!

『小ブタ2枚』総評

と、言う訳で久し振りに旨いG系の麺を食べたな~って感じでして、流石は『登良治郎』って感じでしょうかね~

いや、白楽駅の前に『豚山』がいつの間にか出来ていたのですが、あっちはライト層向けですんで、ガチ勢は『登良治郎』1択かなと思った次第。

ま、そこら辺はラーメンですんで好みとかもありますし、両方を気分で食べ分けるのが正解ですが、どちらにせよ色々な店を食べてみないと、そこら辺の答えも見つけられないぞと。

そんなこんなで六角橋ら辺でG系を欲したなら、『登良治郎』でワンチャンですので、是非みなさんも食べに行ってみて下さい。

『登良治郎』@六角橋

神奈川県横浜市神奈川区六角橋1-7-21

営業時間 11:00~15:30 18:00~21:00

土日祝日 11:00~15:00 18:00~21:00

定休日 火曜日

『登良治郎』Googleマップで表示

2020-07-19横浜&川崎,ラーメン&つけ麺

Posted by yellow