氷を入れても結露しない『サーモス 真空断熱ジョッキ 0.72L』が最高

ブログ&レビュー

夏は結露との戦いである!

え~、すでに梅雨ぐらいから蒸し暑い感じでして、飲み物にも氷とかを入れたくなる予感ですが、あえて言おう!

「正直、結露ハンパねぇと!」

もうね。

テーブルの上はグラスが結露した水滴でビシャビシャ、それはそれはビシャビシャで御座います。

かと言って?

氷を入れないとマッハで温くなるし、ビシャビシャかヌルヌルかの2択ですんで、どうしたもんかな~って。

そんな貴方に朗報で御座います。

氷を入れても結露せず、しかもグラスに入れた氷が何時間も溶けずに残っている神アイテムがあるんですよ!

『サーモス 真空断熱ジョッキ 0.72L』

ちなみに筆者、こんな感じの真空断熱っぽいグラスも持っているのですが、いかんせんオシャレグラスゆえに安定感が悪いんで、パソコン周りでは使わない感じ。

で、同じく”サーモス”の断熱カップも使っているのですが、冬にホットコーヒーとか飲むにはジャストサイズなものの、いかんせん容量が280㎜ℓしかないんで、氷を入れちゃうと液体が入らないジレンマ。

と、言う訳でネットであれこれ探した結果、一周回って『サーモス 真空断熱ジョッキ 0.72L』に辿り着きました。

まあ、サーモスの断熱シリーズ、缶ビールを冷やすヤツまで持ってたりするし、魔法瓶とかもサーモスを愛用しているんで、わりと製品的には信頼してますね~

結露しないとか最強かよ!

で、この『サーモス 真空断熱ジョッキ 0.72L』は720㎜ℓもの容量があるんで、ジュースとか麦茶を500㎜ℓ入れたとしても、十分に氷を入れるスペースがあるんですよ!

まあ、筆者とかパソコンの前に陣取ったなら、脱糞と放尿以外では動きたくない派ですんで、この『サーモス 真空断熱ジョッキ 0.72L』に麦茶と氷をブチ込んで、2時間くらい粘れるってのは大きなメリットで御座います。

しかも!

ジョッキの中は氷で冷え冷えなのに、まったく外側は結露しないんですよ~

もう、この時点で神アイテムでして、2000円弱でデスクビシャビシャ問題が解決されるなら、買う1択で御座います。

『サーモス 真空断熱ジョッキ 0.72L』総評

まあ、コレばっかりは使ってみて頂かないと、その便利さが分からないかもですが、ハッキリ言ってコレが有ると無いとでは日々のストレスが全然違う感じでして、もう水滴に悩まされずに済む上質な暮らしを欲したなら、迷わず買った方が良いと思います。

ってか、本当はガラス製の方が紅茶とかの味を損なわないのでベストな訳ですが、大きなサイズとなるとステンレス製しか無いですし、まあガラス製の断熱シリーズはガラスが薄くて結構割れやすいんで、夏に凍りを入れた飲み物を飲むなら、この『サーモス 真空断熱ジョッキ 0.72L』がベストで御座います。

と、言う訳で今年の夏、筆者イチオシアイテムな『サーモス 真空断熱ジョッキ 0.72L』ですんで、是非みなさんも当サイトのムニャムニャから購入してみて下さい。