町田『麺工房マルオ』ロース醤油つけ麺でどうでしょう?

町田,ラーメン&つけ麺

『ロース醤油つけ麺』980円

こんな感じで、どうでしょう?

つけ麺(太麺)の麺量は200gですんで、ボリューム感的には普通ですが、『大盛』(100円)や『特盛』(200円)の設定もあるので、そこら辺を利用するのも有りかなと。

言うても”たんめん”の方は麺量150gですんで、ランチとして物足りないって事も無いと思います。

そして!

やはり『麺工房マルオ』と言えば”ロース”(豚肉の竜田揚げ的な)でして、そこら辺は試さないとですかね~

まあ、超絶分かり易く言うたら”パーコー麺”をイメージして頂ければって話ですが、そもそもパーコー麺がマイナーですんで、「ラーメンに唐揚げ?」みたいな人も多いかなと。

気になるスープの方ですが、やはり”たんめん”的なスープがベースですんで、わりとサッパリ系な醤油味、酸味とかも無い雰囲気で御座います。

シンプルと言えばシンプルですし、素っ気ないと言えばそんな感じ。

だが、しかし!

そこに”ロース”が加わる事で、ちょいと味が広がるかもでして、なんともオツな味わいで御座います。

勿論、つけ汁を吸ったロースの美味しさもありますが、それと合わせて麺を食べるのも新鮮な感じでして、そこら辺が面白いですね~

まあ、全体的にシンプルな味わいですんで、この味が嫌いな人ってのも少ないんじゃなかろうか?

ご馳走さまでした!

『ロース醤油つけ麺』総評

と、言う訳で久し振りの『麺工房マルオ』ですが、わりと地味に人気が出て来たかもでして、時間帯によってはちょいと並ぶかもですな。

今回の『ロース醤油つけ麺』も美味しかったのですが、かなりシンプルな味わいだったので、ロースなりチャーシューなりは必須かなと思うものの、今の季節にサッパリ食べられるって事ではワンチャンあると思います。

そんな感じで今は再び昼営業のみになったみたいですが、まあ土日も営業している『麺工房マルオ』ですので、是非みなさんも食べに行ってみて下さい。