反町『MEN YARD FIGHT』えびラーメンの海老感よ……

横浜&川崎,ラーメン&つけ麺

『えびラーメン』1000円

こんな感じで、どうでしょう?

コールの方はいつも通りに「ニンニクで!」みたいなミニマムな感じで御座います。

いや!

確かに『MEN YARD FIGHT』の小と言うか普通は”麺量370g”ですので、訓練を積んだ人なら普通に食べられる麺量なのですが、何せ麺の食べ応えが段違いなので、調子コカない方が身の為で御座います。

ま、こうしてパッと見た感じだと、普通のG系ラーメンに見えるかもですが、あえて言おう!

「麺が超極太麺であると!」

しかもデフォでわりとカタメで出て来るので、結構ハードな食べ応えなんですよね~

まあ、ソコら辺が『MEN YARD FIGHT』の最大の魅力と言っても過言では無い訳でして、これを食べる為に来ているのですが。

豚の方は、こんな感じで。

ちょいと煮過ぎて味が抜けちゃった感が見え隠れするギリの線ではありますが、このくらいなら問題ないぞと。

さてさて。

今回はあえて200円高い『えびラーメン』をチョイスしたので、やっぱスープが楽しみな訳ですが、あえて言おう!

「コレはめっちゃハマる味であると!」

まあ、G系で海老と言えばアソコを思い浮かべる人が多いかもですが、多分にそんな雰囲気と思って頂ければ幸いで御座います。

思っていたよりも海老のクセはなく、むしろ海老の甘みが広がってる感じでして、こういう味はG系でも唯一無二ですよね~

そして!

麺の方は、こんな感じで御座います。

いや、別に筆者が不器用で箸が使えないって訳ではなく、写真レベルのカタメな極太麺でして、マジにハードな仕様なんですよ。

ちなみに超極太過ぎるので、いつもの調子で麺を掴むと口の中に入りきらない説もあるので要注意!

とは言え、海老的なスープも結構な濃さがあるので、それに合わせる麺って事なら、この太さも悪くないぞと。

ご馳走さまでした!

『えびラーメン』総評

と、言う訳で「海老好きならワンチャン!」って程にカジュアルなラーメンでは無いかもですが、G系好きで海老嫌いで無ければ必食かな~って。

しいて言うなら、わりと「麺、柔らかめで!」みたいな人が居るのですが、ソレはちょっと如何なモノかと存じます。

確かに店的には柔らかめオーダーを受けているので、店側もOKって事だとは思いますし、個人の好みなので柔らかめで食べる自由もあるかもですが、オメーは何喰いに『MEN YARD FIGHT』に来てんだよ!って思わなくはない。

もうね。

ソレを言ったら差別って言われるかもですが、「絶対にゆとり世代だろ!」って思っちゃうんですよね~

ま、他人がどんなオーダーをしてるかとか、気にする方がキモいわって思うものの、この麺を作ってる人の気持ちとか、ラーメンのコンセプトを考えたら麺柔らかめとか言えないだろって。

そんな感じで『MEN YARD FIGHT』は麺の硬さに関しては、圧倒的に”ノーマル推奨”ですので「俺はカタメが好きだぜ!」って人は、是非とも食べに行ってみて欲しいと思います。