2019年G系初めは『麺屋 歩夢』の”小豚つけ麺”でどうでしょう?

焼肉はせ川: 焼肉はせ川写真集 (Sea Monkey Design)

『麺屋 歩夢』@淵野辺

神奈川県相模原市中央区淵野辺本町3-29-13

営業時間 11:00~15:00 17:00~21:00

(日曜日は昼営業のみ)

定休日 月曜日

『歩夢』Googleマップで表示

2019年G系初めは『麺屋 歩夢』1択である!

2018年は、なんだかんだと相模原にオープンしたG系の『麺屋 歩夢』に持ってかれた可能生……あると思います。

実際、”全体的なボリューム感、価格、味、接客”と必要な要素が全て揃っている感じでして、筆者的には『野猿二郎』に行く回数が減ったくらいのインパクトがありましたね。

そんな感じで2019年も早速食べに行ってみた次第です。

そして!

意外と大事な事なので書いておきますが、外に自動販売機が設置されたので待ち時間も楽になった事を報告したいと思います。

『小豚つけ麺』1050円

こんな感じで如何でしょうか?

今回、『小つけ麺』では無く『小豚つけ麺』にしたので、コールは「ニンニク、アブラで!」みたいな感じで御座います。

ま、本当はラー油を抜いてみようかなと思っていたのですが、すっかり忘れて普通の『小豚つけ麺』(『辛い小豚つけ麺』ではない)になったのですが、あえて言います?

「美味しければ問題無いと!」

なるべくネタ(食べるモノ)が被らない方がベターですが、前回は『小つけ麺』だったので、ある意味ネタはギリギリ被ってない事はアピールしておきたいと思います。

まあ、あれですよ。

隣の人とか”すり鉢”だったので筆者目線では、さしてデカ盛り感は有りませんが、丼が二つな時点で冷静に考えて”ラーメン2杯分以上のボリューム”がある事は間違いないでしょうか?

ん~……さりげなく正月特典で”カマボコ”がプラスされているので、なんとなくビジュアル的にも盛り上がって来る予感は否めませんな!

そして!

この『麺屋 歩夢』ならではの豚感……キテますね。

実際、『野猿二郎』や『スモジ』と比べても遜色はない、と言うよりはぶっちぎりでパフォーマンスは高いと思います。

むしろ、ココよりも豚が豪華なラーメン屋って滅多に無い様な?

と、言う訳で今日はヤサイコールを控えて、豚をエンジョイするスタイルにしてみた次第です。

ちなみにスープの色合いがアレなんで「辛いのかな?」と思うでしょうが、何気に辛さは控え目でして、ちょいとピリ辛くらいの雰囲気ですので、辛さはあまり意識しなくて大丈夫だと思います。

この味付けだと、ヤサイもかなり捗るんじゃなかろうか?

ん~……一番最初に『小つけ麺』を食べた時は、ラー油の油感が気になったのですが、今回は特に油っぽいと感じる事もなく、スムーズに食べる事が出来ましたね。

麺は相変わらずの美味しさでして、ここら辺も人気の秘訣なんじゃなかろうか?

ご馳走さまでした!

『小豚つけ麺』総評

何気に当初の目的である「ラー油抜き」は未達であるものの、『小つけ麺』の方も改良されている?事を確認出来たので、筆者的には満足で御座います。

やっぱ年始めなんでラーメンに妥協したくない感じでして、かなり期待しての訪問だった訳ですが、流石に『麺屋 歩夢』は安定しているかなと。

実際、この『麺屋 歩夢』では「ん?」と思った事は記憶に無く、いつもボリュームも含めて大満足している感じでして、これは今年もお世話になっちゃう予感です。

そんな感じで『麺屋 歩夢』は良いモノですので、是非みなさんも食べに行ってみて下さい。

スポンサーリンク

関連記事