淵野辺『麺屋 銀時』限定のイカスミ辛麺的な油そばが美味しい件

淵野辺『麺屋 銀時』限定のイカスミ辛麺的な油そばが美味しい件

『麺屋 銀時』どうでしょう?

それとなく淵野辺にあった『プメハナ』がリニューアルと言うか、セカンドステージ的な感じで『麺屋 銀時』になった感じでして、それとなく筆者も行ってみた次第。

んで。

新しくなった『豚骨醤油らーめん』(680円)の美味しさを確認した感じですが、なんか限定ラーメンとかも始まったみたいなので、そこら辺も気になる感じで御座います。

って事で、さくっと食べに行く感じ?

いや、本当は他のメニューも試してからとは考えていたのですが、やはり限定ラーメンはいつまで食べれるかは謎なので、気になった瞬間に食べに行くのがベストかなと。

券売機の方は、こんな感じで。

ま、そんなに前と変わってないとは思うのですが、一応は新たに撮り直す方向。

ってか、多分に一番下段に限定の食券ボタンが足されたのかな?

『プメハナ』時代もちょいちょい各種の限定をやっていたので、今後も定期的に限定ラーメンは出るんじゃないでしょうかね~

そう言えば、平日はこんな感じのサービスもあるので、ここら辺も活用してみたら良いと思います。

『イカスミ辛麺』800円

こんな感じで、どうでしょう?

いや!

あえて言われなくてもミー・トゥーな感じでして、チーズ以外は真っ黒で何も見えないよ説があるとは思うのですが、あえて言おう!

「イカ墨ですからねと!」

一応は恒例なので店のPOPを引用しますと「炒めたキャベツと玉ねぎにイカスミ辛ダレを絡め、最後に炙ったチーズを乗せた絶品の油そば」との事。

って事で、ビジュアル的にはチーズが目立ってしまいますが、やはりイカ墨的な”油そば”ってトコロに注目して欲しいかなと。

まあ、イカ墨って言うとイタリアンなイメージですが、何気に沖縄辺りにはイカ墨を使った料理があった記憶。

ってか、当サイトの沖縄の記事を漁れば出て来るかも?

そんな感じのイカ墨ですが、多分に食べた事がない人は「イカ墨って黒いだけじゃん?」って思ってるかもですが、実はイカ墨って成分的に”魚の旨味”みたいなのも入っているらしく、視覚的に目眩ましをするだけではなく、ニオイとかでも撹乱する事が出来るみたいですよ?

つまり!

この『イカ墨辛麺』も魚の旨味的なのが凝縮されていて、まあ魚の味がする……って訳ではないものの、謎の旨味を感じますね~

ちなみに気になる辛さの方ですが、そんなに辛くはないので、余程辛いのが苦手でなければ美味しく食べられるかなと。

さらに言うとピリ辛な部分も、チーズでかなり緩和されるので、ほとんど辛さに悩まされる事はないと言っておきましょう!

ん~……コレは結構、ハマる味でしてなんなら毎週食べても良いくらいですな!

ご馳走様でした!

『イカスミ辛麺』総評

って事で、何気に美味しかった『麺屋 銀時』の『イカスミ辛麺』でして、これはイカスミ好きなら必食かなと。

いや、実際に食べてみるとラーメンの麺でも違和感が無いと言うか、そんなにパスタと比べちゃうって事も無い感じでして、ナチュラルに受け入れちゃう美味しさかなと。

そんな感じで『麺屋 銀時』の限定は要チェックだと思うので、気になる人はちょいちょい食べに行ってみて下さい。

自家炊き豚骨『麺屋 銀時』

神奈川県相模原市中央区鹿沼台1-2-14

営業時間 11:00~14:45 18:00~23:30

定休日 日曜日

『麺屋 銀時』Googleマップで表示

相模原カテゴリの最新記事