函館旅行グルメ『喫茶&お食事 さふらん』おてごろエビフライセットのお手頃感よ

まだだ!まだ終わらんよ!

それとなく函館の記事が無くなった風に思えるかもですが、まあ記事化する優先順位と言うか状況により出す順番を決めている説……あると思います!

諸事情により銀座の記事を引っ張った感じですが、何気に函館の記事も完結した訳ではないぞと。

更に言うなら実は横浜の記事も終わった訳ではなく、何本かストックが残ってたりして?

ここら辺も「勿体ぶらずにはよ出せや!」説も濃厚ですが、実は今って記事を出しても読まれないんで、そんなに沢山の記事は出せない感じで御座います。

いや、単純に考えて1本よりも2本、3本と出した方が、視聴率も2倍3倍になりそうなもんですが、実はそういう事って無くって、人々が”当サイトに使う時間によりけり”ですんで、今みたいに「外食モチベが下がっている時」にどんだけ記事を出しても、大抵は空回りで終わるんですよ。

逆に?

最近でも1日に3本4本って記事が出る時がありますが、そういう時は多分に「良い広告が出てるタイミング」と思われ、人々が興味を惹く広告が出てる時とかでクリック数が多い時は、ここぞとばかりに記事を出す作戦!

とは言え、今日とか電車に乗った人なら分かるかもですが、電車の車内広告すらガラガラな状況でして、まあインターネットの広告も当然ながらお察しで御座います。

つまり!

皆様が広告を(略

って事で、函館の『さふらん』に行ってみた次第。

ま、写真の通りの『さふらん』でして、自慢ではありませんが100%高視聴率は望めない予感ですが、あえて言おう!

「視聴率が全てではないと!」

嘘です。

いや、やっぱ金が無いと終わるので視聴率が全てなんですが、本当はこういう渋い喫茶店みたいなのも記事化したい俺がいる。

ん~……定食みたいなランチも鬼安いのですが、やっぱパフェ系が気になりますね~

いかんせん冬に食べるのは如何なモノかと思うものの、絶対に『なまらでっかいパフェ』(1800円)とか、『バナナの森』(750円)やら気になって夜も眠れない感じじゃない?

『おてごろエビフライセット』650円

こんな感じで、どうでしょう?

いや!

確かにパフェも食べたいのですが、とりあえず記事的にはランチ優先かなと思った次第。

ちなみに『おてごろエビフライセット』は”カキ”の文字もあるのですが、どうやらカキかエビのどちらかを選ぶ形式ですので、今回は海老チョイスにしてみた次第。

ん~……これで650円とか神ランチじゃなかろうか?

エビフライもなかなか大きいのが3本ですので、お値段的には破格かなと。

ま、確かに函館ってシチュエーションを考えると、このくらいの海老が出て来てもって話でして、ある意味では筆者の狙い通りって感じですけども。

いや、カキフライも旬かな~って思ったのですが、すでに函館でめっちゃ沢山の牡蛎を食べたので、どちらかと言うと今は海老モチベで御座います。

と、言う事で気になる味の方ですが、あえて言おう!

「エビフライ、めっちゃ美味いと!」

ん~……やっぱエビフライの海老なんで北海道産ではないと思いますが、函館ら辺の海産物を使ったメニューと値段や味も比べられてしまうので、それなりの海老を選ばないとって部分はあるかもですね~

これで食後のドリンクまで付いて650円とか神価格で御座います。

ご馳走さまでした!

『おてごろエビフライセット』総評

仕事柄、ランチを年に最低でも700、なんなら800とか900回くらいは食べてる筆者ですが、個人的にはこういうランチが一番好きですね~

多すぎず少なすぎずのボリューム感で650円、味も上々ですので普段使いのランチとしてはベストかなと。

ま、こうなって来ると『さふらん』のパフェに興味津々な感じでして、また函館に行く機会があったらパフェろうかなと。

しいて言うなら、やはり函館に旅行で来た人だと、この『さふらん』みたいな渋い店まで辿り着けるかどうか?

多分にもっとメジャーで、より函館っぽい店をチョイスするかもなので、かなりの玄人で無ければ『さふらん』の存在すら知らないかもです。

そんな感じで函館ら辺で軽くランチしたい時とか、この『さふらん』はオススメですので、玄人筋はワンチャン食べてみて下さい。

『喫茶&お食事 さふらん』

北海道函館市若松町7-17

営業時間 10:00~21:00

定休日 土日祝日

『さふらん』Googleマップで表示