『麺屋 銀時』牡蛎油そばを食べて来たので御報告@淵野辺

『麺屋 銀時』牡蛎油そばを食べて来たので御報告@淵野辺

『牡蛎油そば』ですと?

え~、本日から『麺屋 銀時』の限定メニューで『牡蛎油そば』なるモノが発売されるので、それは食べに行ってみるじゃない?

いや、わりと牡蛎って食べれない人は全然ダメですが、好きな人は結構好きって感じですので、なかなか視聴率的に侮れないポテンシャルを持っているぞと。

ちなみに筆者、牡蛎は1回しか当たった事がありませんが、わりと普通に今でも食べれちゃう感じですかね~

確か市場で加熱用の牡蛎と生食用の牡蛎を買って来て、家で調理したのですが、多分に同じザルを使う瞬間があって、それで当たったかもですな!

まあ、自分が苦しむ分には自己責任ですので別にいっかな~って。

って事で、今の『麺屋 銀時』の券売機は、こんな感じで御座います。

いや!

確かに前回とさして変わってる訳がないのですが、一応は二郎系ラーメンが『銀郎麺』って名前になったので、そこはちゃんと写真も新しく撮るじゃない?

ん~……そう言えば、なんだかんだと忙しいので、まだ『麺屋 銀時』のレギュラーはあまり食べてないかもでして、そこら辺もちょいちょい攻略する必要があるかもですな。

そうは言うても、やはり今日は新しく出た限定を食べなきゃって話ですけれども。

『牡蛎油そば』900円

こんな感じで、どうでしょう?

本日から期間限定で販売される『牡蛎油そば』を、ランチサービスで中盛りにしてみた次第。

ん~……コレはなかなかイイ感じの”油そば”じゃなかろうか?

今ですとG系の”汁なし”みたいな方を食べる率が高いかもですが、筆者も一時期は”油そば”にハマっていたので、わりと好きなんですよね~

大粒の牡蛎が3個、ほうれん草にチャーシュー、ネギ少々と糸唐辛子って感じでしょうか?

そう言えば『麺屋 銀時』はチョイと前から麺が変わったらしく、この『牡蛎油そば』も新しい麺と言うか製麺所の麺かもですね~

って事で、気になる味の方ですが、あえて言おう!

「油そば的に美味しいじゃないと!」

あくまでも”牡蛎醤油”を使った油そばですんで、そこまでメッチャ牡蛎って感じではなく、むしろ普通に”醤油味の油そば”ってジャンルに近いのですが、コレはなかなかオツな味がします。

ん~……いわゆるG系の”汁なし”ですと、わりと味も複雑なのが多いのですが、こういうシンプルなのも食べたくなる瞬間があるぞと。

ちなみに『牡蛎油そば』は、わりと油控え目ですんで、普通の店の油そばよりも食べやすいと思います。

ご馳走さまでした!

『牡蛎油そば』総評

と、言う訳で個人的には酒のツマミにしたい一杯でして、そういうタイミングで食べるのも有りかな~って。

ちなみに牡蛎醤油の方、何も知らずにパクパク食べたら普通に醤油味って感じでして、メッチャ牡蛎モチベで行くと肩すかしですので、あくまでも”牡蛎醤油”ってイメージ食べに行ったら吉かなと。

って事で、ますます充実して来た淵野辺のラーメン界隈でして、淵野辺勢なら『麺屋 銀時』の『牡蛎油そば』は必食ですので、是非みなさんも食べに行ってみて下さい。

相模原カテゴリの最新記事