静岡県『さわやか』げんこつハンバーグ&炭焼きバーガー@『炭焼きレストランさわやか』

『炭焼きレストランさわやか』@長泉店

静岡県駿東郡長泉町 中土狩340-5

営業時間 11:00~24:00(ランチは15時まで)

定休日 無休

『炭焼きレストランさわやか』Googleマップで表示

静岡県民が誇る『炭焼きレストランさわやか』とは?

筆者の中にはいくつかのタブーがあります。

例えば宇都宮の人とは「餃子の話をしない」、広島の人とは「お好み焼き」の話をしないなど、先方が絶対に譲らないであろうワードには、一切触れないのが平和を保つ秘訣で御座います。

と、言う訳で静岡県民とは「ハンバーグの話をしない」で生きて来たのですが、つい先日取材で某仮面を被った地下アイドルにインタビューをする事になり、ついにタブーを破ってしまった筆者です。

普段はそんなに喋らない方なのですが、『さわやか』の話になった途端に喋りが止まらなくなると言う……。

郷土愛を通り越して宗教的なモノに、ややドン引きな筆者ですがそこまで言うなら……試してみるも一興でしょうか?

『炭焼きレストランさわやか』に行ってみた

なんでしょう?

このとびっきり”さわやか”な絵面は?

ちなみにオープンと同時くらいに到着したのですが、その時点で30分待ちくらいと言われた次第です。

と、言う訳で最近は平日でも混んでいるので、まず店内に入って名前と人数を記入して貰い、待ち時間を聞いて大人しく待ちましょう。

しばらくすると名前が呼ばれメニューを渡されます。ですのでテーブルに着いてからはオーダーで悩む事はないでしょうか?

『げんこつハンバーグランチ』1166円

はい、と言う訳でこんな感じでウェイティングです。

スープが2個もあるのはデート中と言う訳ではなく、一人で二品オーダーした結果によるものですので御了承下さい。

ま、食前のスープと食後のスープって事で、スープがダブルでも良くってよ感はありますね。

紙ナプキンと言うよりは”紙シールド”的なのがセットされますが、あえて言おう!

「クラウンメロンパフェめっちゃ食べたいと!」

なんならハンバーグ無しでも可なくらい、このパフェを食べたい衝動に駆られました。なんと商売上手な店なのか?

そして『げんこつハンバーグ』が到着すると、この紙シールドが活躍します。コイツを持ち上げて鉄板からの脂やソースの跳ねを防ぐのです。

もっとも、シールド効果は完璧ではないし、『炭焼きレストランさわやか』は備長炭でハンバーグを調理していてスモーキーですので、それなりの服装で訪れるのが正解かと存じます。

まさに”げんこつサイズ”で運ばれて来たハンバーグは、筆者の目前で無残にも真っ二つにされ、半端ねぇ感じでプレスされます。

この時点で『炭焼きレストランさわやか』初心者はかなり動揺すると思うのですが、安心して下さい。

これが『炭焼きレストランさわやか』の様式美なのです!

「で?」って言うのは無しにする方向でお願いするとして、気になる味の方ですが……かなり美味しいですかね?

備長炭で焼かれた牛肉100%のハンバーグの中身はレアでして、非常に肉々しいミート感があります。

そして外側は備長炭で香ばしく焼かれたり、アツアツの鉄板に押しつけられたりで、これまたイイ感じの焦げ目が付いていて美味しく仕上がっています。

このコントラストが味にメリハリをもたらし、かつ上品な酸味のあるオニオンソースでハンバーグとして美味しくまとめている予感です。

ボリュームの方も『げんこつハンバーグ』は250グラムでして、申し分ないと思います。

当然、ライスとの相性も抜群でして、これで税込み1166円とか神案件かと存じます。

牛のドヤ感……プライスレス。

『炭焼きバーガー』(734円)

タイに行ってもハンバーガーばかり食べ歩く程にはハンバーガーが好きでして、『炭焼きレストランさわやか』も試さずにはいられない衝動……あると思います。

むしろ、この『炭焼きレストランさわやか』に来てハンバーガーを食べない様では、言うほどにハンバーガーが好きではないと思って間違いないでしょう。

ハンバーグパティは125グラム、厚さもしっかりと『炭焼きレストランさわやか』らしいボリューム感です。

特筆すべきは野菜の美味しさでしょうか?

ピクルスひとつを見ても、ちょいちょいコダワリがある事が見えて来ます。

オリジナルのバーガーソースは適度な酸味とコク、よりハンバーガーらしさを醸し出してくれます。

今回、あえて『炭焼きチーズバーガー』(799円)を選ばなかったのは、あえてそれぞれの美味しさを確かめたかったからに他なりません。

サイドのフライドポテトも、ちゃんとジャガイモの美味しさが感じられるカットでして、改めてジャガイモの美味しさを実感する事が出来ます。

ご馳走様でした!

『炭焼きレストランさわやか』総評

流石は静岡県民が誇るソウルフードって感じでして、静岡県民が他のハンバーグを認めない理由がなんとなく分かりました。

また、『炭焼きレストランさわやか』のホスピタリティも素晴らしく、まさにファミリーレストランの見本かなと思った次第です。

しいて言うなら、筆者も含め県外からも訪れる人が増えたので、常に満席で待ち時間が発生する可能性……あると思います。

ここら辺、本部の方では「そのうち落ち着くだろうか?」みたいな考えがあるかもですが、筆者が思うに他県の方達にも『炭焼きレストランさわやか』の美味しさがバレてしまった以上、そう簡単に暇にはならないんじゃないかなと。

と、言う訳で湯河原辺りを静岡県に差し出して『炭焼きレストランさわやか』の湯河原店を、首都圏からの防波堤にする事を提案したいと思います。

あ、あと静岡県生まれの”神谷えりな”さんを『炭焼きレストランさわやか』のハンバーグ大使に推薦したい件も、どさくさに紛れて提案したいと思います。

以上です。

スポンサーリンク

関連記事


Connection Information

To perform the requested action, WordPress needs to access your web server. Please enter your FTP credentials to proceed. If you do not remember your credentials, you should contact your web host.

Connection Type


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function submit_button() in /home/foodnews2/foodnews.jp/public_html/wp-admin/includes/file.php:1767 Stack trace: #0 /home/foodnews2/foodnews.jp/public_html/wp-content/themes/luxeritas/inc/optimize.php(785): request_filesystem_credentials('https://foodnew...', 'ftpext', false, false, Array) #1 /home/foodnews2/foodnews.jp/public_html/wp-content/themes/luxeritas/inc/sns-cache.php(37): thk_filesystem->init_filesystem('https://foodnew...') #2 /home/foodnews2/foodnews.jp/public_html/wp-content/themes/luxeritas/inc/wpfunc.php(1286): sns_cache->__construct() #3 /home/foodnews2/foodnews.jp/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php(286): transient_register_feedly_cache('') #4 /home/foodnews2/foodnews.jp/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php(310): WP_Hook->apply_filters(NULL, Array) #5 /home/foodnews2/foodnews.jp/public_html/wp-includes/plugin.php(453): WP_Hook->do_action(Array) #6 /home/foodnews2/foodnews.jp/public_html/wp-includes/load.php(684): do_action('shutdown') #7 [internal in /home/foodnews2/foodnews.jp/public_html/wp-admin/includes/file.php on line 1767