UA-65872922-1

Food News

ラーメンからカレーまで美味しい情報を大きな写真で配信中!ランチや食べ歩きの参考にどうぞ。

神田『鬼金棒』の辛いラーメンにシビれるのですが?@カラシビ味噌らー麺鬼金棒

calendar

スポンサーリンク

『カラシビ味噌らー麺 鬼金棒』本店

東京都千代田区鍛冶町2-10-9

営業時間 11:00~21:30(日曜日は16:00まで)

定休日 無休

『鬼金棒』Googleマップで表示

暑い時期こそ『鬼金棒』じゃね?

2017年も梅雨真っ盛り、そろそろ夏バテって言葉も聞こえる季節で御座います。

と、言う訳で梅雨とか夏とか、なんなら真冬にもオススメな『鬼金棒』とか、如何でしょうか?

まあ、取材するだけしておいて、AmazonのKindleで書籍化とか考えて温存しておいたのですが、あえて言おう!

「正直、Kindle書籍売れてねぇ!w」

ネットで検索するなら無料ですので、確かに400円とか500円で買う必要はないかもですが、いちいち検索するよか手っ取り早いので、それなり需要があるかな~と思ったんですけどね(遠い目)

あ、ちなみに『鬼金棒』は食券を買ってから並ぶのがスマートらしいですよ?

あと住所とか鍛治町で微妙に神田じゃないのですが、最寄り駅は神田ですので当サイト的には神田とす!

『カラシビ味噌らー麺』(800円)

基本、初見はベーシックラインを攻める筆者ですので、ここは『カラシビ味噌らー麺』から頂く事にします。

いや、確かに金銭的な面も否めませんが、最初に一番豪華なのをレポると、後半は盛り下がる一方ですからね!

どうでしょう?

見た目、そこまでの辛さは伝わらないかもですが、結構イイ感じの辛さがあったりなかったりします。

ここら辺、辛さ(唐辛子的な?)と痺れ(花椒)の両方をオーダーメイドする事が可能で御座います。

ま、筆者の好みで言えばマシにしたいのですが、レポですのでどちらも”普通”とノーマルなオーダーにしてみましたが。

気になる味の方ですが、なんでしょう?

ちょっと今までの味噌ラーメンとか辛い系のラーメンと違いまして、動物系のドッシリしたスープ&味噌感、からの辛さとシビれで新しいジャンルのラーメンかなと思った次第です。

ちなみに筆者、麻婆豆腐などの”花椒”のスーっと抜ける辛さが好きなので、コレはハマる味である可能性は否めません。

麺はゴワっとした感のあるハードな中太麺でして、そのコシの強さからスープとの相性は抜群でしょうか?

チャーシューもイイ感じなので、これなら『特製カラシビ味噌らー麺』(1000円)も視野に入ると思います。

ご馳走様でした!

『鬼金棒』 総評

一言で『鬼金棒』の味を説明するのは難しいのですが、超簡単に言うと美味しい味噌ラーメンに麻婆豆腐の”麻辣”要素をブチ込んだラーメンかなと。

特にラーメンでは花椒の麻(シビれる辛さ)の要素があるのは珍しいので、こっち方面が好きならマストな一杯になると思います。

っていうか、とりあえず言わなくても良いんですけど台風来てるし芸風だから言いますけど、あえて言おう!

「山椒と花椒は全然違うからね!」

花椒を普通に”山椒”とレポっちゃう人は、ちょっとどうかな~って思う筆者でした。

と、言う訳でさりげなく行列店でして、いわば『蒙古タンメン中本』的な病み付きさが素敵な予感で御座います。

是非、みなさんも『鬼金棒』の美味しいラーメンを食べてみて下さい。

関連記事

この記事をシェアする