『焼肉はせ川』冷やし中華始めましたが始まりました2017夏@相模原

焼肉はせ川: 焼肉はせ川写真集 (Sea Monkey Design)

『焼肉はせ川』@相模原

神奈川県相模原市南区相模台4-11-6

営業時間 17:00~22:00

定休日:水曜日

電話番号 042-765-5858

『焼肉はせ川』(グーグルマップで表示)

「まずは肉は焼け!話はそれからだ!」

月刊化するとは言ってみたものの、そんなに都合良く予約が取れる『焼肉はせ川』ではないので、7月号も半ば過ぎに掲載するパターンでしょうか?

そして!

大事な事なので何度も繰り返しますが『焼肉はせ川』は焼肉屋さんなので、肉を焼く所から始めなければなりません。

と、言う訳でドリンク類を頼んだ後は”肉”を選ぶ訳ですが、これまたイイ感じのボリュームですので、2人前づつ頼むよりも、種類を増やして1人前づつオーダーすると色々楽しめてお得です。

まあ、肉は切るだけとも言えるので、そんなに手間じゃないからいいじゃない。

『本わさび』(500円)

『焼肉はせ川』では各種タレがあるので、そちらを使ってエンジョイするのも良いのですが、時には『本わさび』など如何でしょう?

”わさび”と言うと辛いイメージですが、本わさびは辛いだけじゃなく甘みと言うか独自の風味があります。

また、わさびは目が細かい”サメの皮”などでおろすと辛さも増しますが、逆にこんな感じでおろすと辛さもマイルドで御座います。

そして!

わさびの辛さは油で中和されるので焼肉に乗せて食べるとツーンと来ず、ただただ”本わさびの風味”が残るので、実は脂の多い和牛にはマストなアイテムですので、是非みなさんも試してみて下さい。

『ポテトサラダ』(100円)

筆者の中では『焼肉はせ川』と言えばポテトサラダからスタートでして、箸休めとして重宝しています。

っていうか、2種類のポテトサラダが盛ってあって100円とか神ですか?

『ヒレ肉』(1580円)

もはやステーキよりも厚い可能性……あると思います。

『焼肉はせ川』には様々な肉、しかも希少部位があるので、あえて焼肉の定番であるカルビを食べないって手もあります。

そこで一番のオススメはヒレ肉でして、適度な脂が刺しつつも牛肉の旨味が乗る部位で御座います。

『ミスジ』(1580円)

希少部位の『ミスジ』も『焼肉はせ川』なら、この価格で御座います。

基本、”A4、A5ランクの国産和牛様”が出て来るので、実は焼肉は値段が高い奴の方が逆にコスパは良いんですよね。

『柔らかハラミ』(650円)

どの国産和牛も脂はそれなり乗っているので、時にはハラミもイイ感じだと思います。

ハラミは牛の横隔膜でして、脂こそ刺していないものの柔らかくコクのある部位で御座います。

しかも、650円でこのボリュームですから、食べておくべきアイテムと言っておきましょう。

『上タン』(980円)

みんな大好き”牛タン”もオーダーしておくべきでしょうか?

この日は3人編成で戦力不足なのですが、やはり定番はきっちり押さえておきたい筆者です。

『イベリコ豚』(600円)

最近、イベリコ豚にもハマっている筆者でして、この日も食べてみました。

豚肉は脂身の美味しさあっての肉ですが、ドングリを食べて育ったイベリコ豚の良質な脂は、非常にイイ感じですので是非食べてみて下さい。

スポンサーリンク

関連記事