『ミカド』テーブル筐体で食べるナポリタンこそ至高である可能性!@錦糸町

スポンサーリンク

『ミカド』(MIKADO)@錦糸町

東京都墨田区江東橋3-6-10

営業時間 9:30~22:00

日曜日 9:30~17:00

定休日 祝日

『ミカド』Googleマップで表示

圧倒的昭和感を誇る『ミカド』がキテる!

それとなく錦糸町、さりげなく『ミカド』と言う事でして、マチョ氷(記事参照)の取材に来たついでに錦糸町を攻略で御座います。

で、ベタにラーメンを制覇しようと思ったのですが、人気店は鬼行列で何軒も回るには時間が足りず、天丼はと言うとネタ的に数字が出ないみたいな統計が出ているので、ここは老舗喫茶店辺りを軸に活動してみるのも一興かなと思った次第です。

とりあえず錦糸町なら『マウンテン』とかメジャーですが、駅の反対側に行くのは面倒なので、今回は南口を中心に攻略します。

むむ!

やはり老舗の喫茶店はディスプレイが気合い入ってますな!

メニュー全般安いので、これなら連食してもどうと言う事はありません。

「コイツ……動くぞ!」

店内、テーブル席が沢山ある感じでして、平日だったの席は選び放題な感じでしょうか?

まあ、どこに座ってもメニューは同じなのですが、写真の事を考えると照明の位置とかは気になりますね。

すると、どうでしょう?

昔懐かしいテーブル筐体があちこちに置いてあり、「へー、その頃の筐体をまだテーブルとして使ってるんだ~」と感心していたら、なんと……まだまだ絶賛稼働中である可能性……マジですか?

40年近く前のゲームがこんな場所で、しかも最高のコンディションで置いてあるだ……と?

もはや、筆者が座るべき席はココしか無い可能性……あると思います。

っていうか、普通に100円入れてみたくなる衝動が抑えられません。

『ナポリタン』(800円)

ランチタイムならドリンク付きで800円でして、普通に飯を喰いに来る体での利用も可では、ないでしょうか?

『オムライス』(800円)とかメッチャ悩んだのですが、初見ですので『ナポリタン』にしてみました。

かなりしっかり炒めている音がしたので、味の方に関しては不安がなく、実際に食べてみると、まさに王道と呼べるナポリタンの味でした。

気になる具材は”ベーコン、マッシュルーム、タマネギ、ピーマン”と、さりげなくマッシュルームがちょいと豪華な予感です。

そして!

粉チーズもボトルごと提供される感じでして、もはやナポリタンに関しては文句なしではないでしょうか?

パスタの方は太さ的にスパゲティーニですが、特に極太って訳でもなく標準的な奴だと思います。

最近、野菜不足なのでサラダも嬉しい存在でしょうか?

ご馳走様でした!

『ミカド』 総評

勿論、食べたナポリタンも美味しかったのですが、その昭和な雰囲気、しかもテーブル筐体で食べる事が出来るってのはポイントが高い、むしろそこに注目しても良いんじゃないでしょうか?

っていうか、筆者の中で新しい説が生まれたので、あえて言おう!

「テーブル筐体で食べるナポリタンこそ至高!」

確実、膝が入らないので料理を食べにくいテーブルではありますが、今でも現役で稼働するインベーダーゲームを眺めながら食べる”ナポリタン”の美味しさは3倍マシでして、もはやナポリタンを食べる究極の形が『ミカド』にあると言っても過言ではありません。

ん~……テーブル筐体が稼働してるなんて、素晴らしいにも程がある案件じゃなかろうか?

そして、そのテーブル筐体で食べるナポリタンは究極だと思うので、是非みなさんも『ミカド』に行ってナポリタンを食べてみて下さい。

スポンサーリンク