UA-65872922-1

Food News

ラーメンからカレーまで美味しい情報を大きな写真で配信中!ランチや食べ歩きの参考にどうぞ。

『カレー屋ジョニー』でビックリチキンカツカレーの大盛りを食べてみた@御茶ノ水

calendar

reload

スポンサーリンク

『カレー屋ジョニー』@御茶ノ水

東京都千代田区神田駿河台4-5

営業時間 11:00~23:00

定休日 無休

『カレー屋ジョニー』Googleマップで表示

御茶ノ水駅から徒歩10秒のカレー屋さん

計っていないので適当ですが、多分10秒も掛からないくらいの駅チカにある『カレー屋ジョニー』で御座います。

最近、秋葉原の仮面女子常設劇場となるP.A.R.M.Sには、御茶ノ水駅から徒歩った方が良い事に気が付いた訳でして、さりげなく御茶ノ水グルメも開拓中で御座います。

店の外観やディスプレイ……かなりの年季を感じますね!

券売機で食券を買って席に着きます。

ちなみに『カレー屋ジョニー』は2階席もあるので、テーブル席重視なら2階が正解らしいですよ?

卓上のアイテム的にはソース、福神漬け、玉葱の辛いピクルスっぽい奴?みたいな感じでして、揚げ物にソースが使えるのは気が利いていると思いますね!

『ビックリチキンカツカレー(大)』(920円)

とりあえず学生向けの店と思われますので、ココはボリュームがある奴を食べてナンボではないでしょうか?

と、言う訳で一番デカいのを食べてみる事にしました。

溢れんばかりのルーと大きなチキンカツ……いいと思います。

チキンカツの方は、かなりの勢いで叩いて伸ばしているので、見た目ほどのボリュームは無いかもですので、そんなに気合いを入れなくても食べられると思います。

デカ盛りと言うには微妙な範囲でしょうか?

ま、ここ最近はデカ盛りネタが少ないので、記事的にはデカ盛り扱いにしちゃいますけど、異論は認める方向で御座います。

気になるカレーの方はブラッキーなカレーでして、それなり深い味わいだと思います。

なんでも玉葱を10時間炒めたカレーベースを使っているとの事でして、いや流石に10時間も炒める意味はないだろう感もあるし、10時間煮たの間違いでは?とも思うのですが、公式発表ですので10時間炒めているのでしょう。

御飯の方も大盛りにした訳ですが、グラム的には……700グラムくらいな体感でしょうか?

ちなみにチキンカツは薄いものの、流石に揚げ立てを謳うだけあって美味しいと思いました。

カレーの場合はキロからがデカ盛りかなとも思うので、この量ならば取材前でも余裕で御座います。

ご馳走様でした!

『カレー屋ジョニー』 総評

いわゆる炒めまくって煮込みまくった感のあるカレーでして、雰囲気的には神保町の『キッチン南海』的な系統かなと思います。

ルーはかなりサラサラでして、やはり玉葱的な野菜的な何かが大量に溶け込んでいるので、見た目よりもライトなカレーなのは高評価で御座います。

揚げ物のトッピングをしなければ、それなりヘルシーなんじゃなかろうか?

ちなみに『カレー屋ジョニー』は学生証があると様々な特典があるので、やはり学生の街”御茶ノ水”らしいカレー屋さんかなと思いました。

一番ベーシックな素のカレーは安いので、コスパ重視で利用するのも有りですね!

次回から使えるサービス券も素敵な予感で御座います。

是非、みなさんも御茶ノ水駅ら辺で降りた際には、この『カレー屋ジョニー』を思い出してみて下さい。

関連記事

この記事をシェアする