【鳥中華】『水車生そば』蕎麦屋がラーメン出してもいいじゃない@山形県天童市

2017-09-18

スポンサーリンク

『水車生そば』@山形県天童市

山形県天童市鎌田本町1-3-26

営業時間 11:00~23:00

定休日 無休

『水車生そば』Googleマップで表示

天童市と言えば『水車生そば』じゃね?

まあ、他にも美味しい店は沢山あるのですが、メディアに紹介されたり本に載ったりと、知名度で言えば『水車生そば』が一番なのは間違いないと思います。

と、言う訳で筆者も昔からチョイチョイと天童市に来ているので、ちょいちょい食べていたのですが、最終的には蕎麦よりラーメンみたいな真理に辿り着いた次第です。

ちなみに店の入り口は表と裏の両方が正面っぽく、”MSM-10ゾック”を彷彿させる両面待ちスタイルですので注意して下さい。

『鳥中華』(700円)

そんな訳で天童市で一番メジャーな食べ物が、コチラの『鳥中華』で御座います。

いわゆる賄い料理から始まったラーメン的な何かですが、要は蕎麦粉の替わりに小麦粉を使えばラーメンっぽいのは打てる(カンスイは必要だけれども)ので、何気に蕎麦屋さんが自家製麺でラーメンを作るパターンは少なくありません。

また、蕎麦屋ならではのカエシと出汁で、さりげなく和風の美味しいスープは完成するので、むしろ蕎麦屋がラーメンを出しても違和感はないと思います。

と、言う訳でほぼ蕎麦汁に鶏の出汁をちょい加えた体のスープが、なかなかイイ感じでして、筆者も何気に良く食べる『鳥中華』だったりするのです。

ベースが蕎麦ですので”天かす”みたいな、いかにも蕎麦屋らしいトッピングもまた良いんですよね~

背脂よりもライトだし、全体的に軽いのでサラリと食べられる美味しさがあります。

こう書くと「だったら蕎麦喰えばいいんじゃね?」みたいな意見が出るかもですが、蕎麦は蕎麦、ラーメンにはラーメンの美味しさがあるので、どちらも選べるってのは素晴らしい幸せである事を再確認すべきだと思います。

ちなみにスープには、デフォルトで黒胡椒がしっかり効いていて、やはり蕎麦ではなくラーメンである事をアピールしている可能性……あるんじゃないでしょうか?

そして!

全ての美味しさの中心にあるのが、この麺ではないでしょうか?

ま、今は”お土産用”の『鳥中華』をガンガンに販売しているので、さすがに手打ちではないと思われますが、いわゆる喜多方ラーメンを彷彿させる平打ち麺は美味しいし、このスープに良く合うと思います。

ご馳走様でした!

『水車生そば』 総評

勿論、蕎麦も美味しいんですけれども、最終的にはコチラの『鳥中華』に落ち着いた筆者で御座います。

また、老舗にしては意外と遅い時間まで営業しているので、ちょいと飲んだ後の締めにも最適である事を、報告しておきたいと思います。

勿論、蕎麦も美味しいので出来れば蕎麦も味わってみて欲しいですね!

一応、『水車生そば』と言えば『板そば』(1500円)が看板メニューで御座います。

是非、みなさんも山形県天童市に行っちゃった際には、この『水車生そば』で美味しい『鳥中華』を食べてみて下さい。

スポンサーリンク