『荒海』つけ麺大盛りを食べたら美味しかった件の是非@新宿

スポンサーリンク

『荒海』(あらうみ)@新宿

東京都渋谷区代々木2-16-9

営業時間 11:00~翌3:00(日曜祝日は21時まで)

定休日 年末年始

『荒海』Googleマップで表示

最近のマイブーム新宿の『荒海』

基本、新宿乗り換えスタートで取材する事が多いので、それとなく新宿でワンクッション入れるパターンが多々ある訳ですが、あえて言おう!

「未だに新宿駅の構造が分かってないと!」

ゆえに新宿駅からスムーズに出られないと言うか、新宿駅で上手く立ち回れないと言うか、新宿駅に振り回される日々、マイメモリーで御座います。

『つけ麺』(780円)

と、言う訳で新宿駅ら辺でオキニの『荒海』で、『つけ麺』を食べて参りました!

ちなみに『荒海』は大盛りも同一料金ですので、ここは”大盛り”でどうでしょう?

食べる自信があるなら、特盛も同一料金なので特盛って選択肢も有りですね。

『荒海』は野菜と言うかモヤシをコールで増やす事も可能ですが、筆者的に”つけ麺”の時はシンプルに麺を味わいたいので、デフォルトにしてみました。

ちなみに魚粉的な何かも最初からブチ込んである感じで御座います。

そもそもが。

筆者は『荒海』のスープと麺が気に入っているので、山盛りモヤシなどノイズでしかない。

と、言う訳で『荒海』の”つけ麺”デビューを飾った訳ですが、やはり鮮魚系のスープと動物系を合わせた、Wスープのマイルドな濃厚スープはキテますね!

豚骨だけでココまでコッテリだと後半シンドイかもですが、鶏&豚&鮮魚だと飽きずにイケる筆者です。

合わせる麺もそこまで低加水率ではなく、ツルリとした食感と太麺ならではの豪快な歯応えが両立している感じでして、この麺もなかなか良い感じだと思います。

気になるチャーシューなどの具材ですが、チャーシューはサイコロカットでスープの中にそこそこ沈んでいますが、そんなに具沢山って訳ではないので、気になる人はオプションを装備したら良いと思います。

そして!

大盛りでも結構な麺量ですので、しっかりコンディションを整えて挑まないと、特盛など夢のまた夢と言っておきましょう。

ご馳走様でした!

『荒海』 総評

結構、遅い時間まで営業しているのもポイントでして、そこら辺も魅力のひとつでしょうか?

駅からちょいと歩く距離ですが、それだけの価値ある一杯かなと存じます。

いわゆる”ド豚骨スープ”みたいなスープと違い、かなり濃厚であるにも関わらずスープ的には重くはない感じでして、意外と女子でもイケちゃうスープかなと思います。

ここら辺、盛りと言うかボリューム感を売りにしている『荒海』ゆえに、なかなか女子層に響かないのかもですが、スープ的には絶対オススメ出来るので、是非とも試してみて欲しいと思います。

是非、みなさんも『荒海』の美味しいラーメン&つけ麺を食べてみて下さい。

スポンサーリンク