『長寿』桜美林生が愛する鶏の唐揚げ的な定食が色々と(略@町田

『長寿定食』650円

ランチのメニューは、ほぼほぼ1択でして、自動的に『長寿定食』を食べる事になると思います。

そして!

行った事がある人にしか分からないのですが、このイラストは確かに店主に似ています。

んで。

こんな感じでどうでしょう?

まず、トレーが用意されているものの、あれこれ乗せたら御飯が乗りきらない仕様で御座います。

しかも、茶碗や丼ではなく”桶”で出て来るとか……。

「お昼だから大盛りでいい?」(店主談)みたいな感じで、ほぼ自動的に大盛りになった訳ですが、大盛りだとこんな感じの米量となる模様。

なお、”ご飯のお替わり可”みたいなので、かなりガッツリ食べられるランチだと思います。

ま、それはさて置きメインの”鶏の唐揚げ”ですが、塩麹と秘伝のタレに2日間ほどつけ込んだジャンボ唐揚げ的な何かでして、これのボリューム感もパネェと思います。

ほとんど”唐揚げ祭り”みたいなフェスティバル感ある『長寿』のランチですが、これも学生向けの店にありがちなパターンでして、「安くて美味しくてボリューム満点!」みたいなワードを3次元化してる感じでしょうか?

気になる味の方ですが、塩麹に漬けられているので鶏肉も柔らかくて美味しいと思います。

鶏肉を大きくカットしているので、そこら辺も美味しさに繋がっているかもですな。

ま、唐揚げのボリュームも大概ですが、御飯も大概ですので”御飯大盛り”くらいで丁度良いバランスになると思います。

むしろ、大盛りにしておかないと唐揚げが余る可能性……あると思います。

あとはやはり塩麹のチカラで柔らかくなっているのと、タレに漬け込んでいるので味も染みていて、いわゆる「美味しい唐揚げ」の要素が揃ったのかなと。

そして何より「戦いは数だよ、兄貴。」の法則に従い、この圧倒的なボリュームこそ『長寿』の魅力かと思います。

これで650円は控え目に言って神かなと。

ご馳走さまでした!

『長寿』総評

”味、値段、ボリューム”の三拍子が揃っている感じでして、地域一番の”唐揚げヂカラ”である事を確認した次第です。

ゆえに桜美林生の需要が高く、ランチタイムはかなりの混雑が予想されるので、あえて言おう!

「水曜日は空いていると!」

水曜日は”桜美林大学の授業が少ない=学生が少ない”との事でして、比較的ゆっくり食事出来るそうです。

と、言う訳でほぼ桜美林大学生によって成り立っている感じの『長寿』ですので、学生のランチと被ると混雑が予想されますが、そこを回避すればワンチャンあると思います。

あと、書いていて思ったのですが”塩麹”を使っているって事は、恐らくソレが流行ったくらいのタイミングに店がオープンしたんじゃないかな?みたいな気がして来ましたね。

そんな感じでランチタイムはメッチャ混むみたいな感じの『長寿』ですが、「水曜、どうでしょう?」ってタイミングでワンチャンあると思うんで、そこら辺を狙ってみたら良いと思います。