『豚珍館』あえてトンカツではなく”ジャンボメンチかつ”と言う選択肢@新宿

焼肉はせ川: 焼肉はせ川写真集 (Sea Monkey Design)

『豚珍館』@西新宿

東京都新宿区西新宿1-13-8

営業時間 11:00~15:00 17:00~23:00

(土曜日は22時まで)

定休日 日曜祝日

『豚珍館』Googleマップで表示

たまには新宿、どうでしょう?

一応は当サイト、ホームは町田相模原&八王子ですが、都内も秋葉原、神田や神保町は押さえている感じでして、さりげなく新宿も開拓中で御座います。

と、言う訳で久し振りに新宿に遠征してみたりして?

平日なので開店直後なら余裕と思っていたのですが、マッハで行列が出来たので、やはりオープン10分前くらいには現着してた方が無難ですな。

ま、初見なのでココはベーシックな『とんかつ』(950円)でも食べておきましょうかね?

『ジャンボメンチかつ』850円

「豚カツを食べると言ったな?あれは嘘だ。」

勿論、豚カツは好きなのですがすでに『豚珍館』はメジャーな店なので、すでに豚カツの記事を書いても出遅れ感は否めません。

それに豚カツって結局は”肉質”で勝負な面があるので、そこまで店によって差が出ないと言うか、一定のレベルに達している店同士であれば、あとは肉質勝負になりがちで御座います。

その点、メンチカツですと店によって玉ネギの感じや味付けも違いますし?

と、言う訳で『豚珍館』の『ジャンボメンチかつ』を食べる事になった訳ですが……流石に美味しゅう御座います。

まず”ジャンボ”と名乗るだけあってメンチカツの厚さもありますし、衣の揚げ加減もマーベラスですな!

ちなみに写真、1個だけ厚さを魅せる為に横になっていますが、これは別に筆者が手を加えた訳ではなく、そのままの状態です。

つまり、それだけメンチカツのボリュームには自信があるって事ですな。

気になる味の方ですが玉ネギ感は控え目、かなり良く練り込んだ豚挽肉はハンバーグの様な弾力があってメチャ美味しいです。

そんな感じで最初から最後までソース等を使う事もなく食べ進みます。

『豚珍館』は御飯や豚汁の”お替わり”も無料ですが、キャベツが結構なボリュームですので、そこら辺も残さない範囲内でお替わりしましょう。

御飯の炊き加減も完璧ですし?

若干、豚汁の豚肉感は低いのですが大根は沢山入っているし味の方は最高ですので、なんら問題ないと思います。

ご馳走さまでした!

『ジャンボメンチかつ』総評

味、コスパもトップクラスですが、その料理が出て来るまでのスピードはギネス級でして、忙しいサラリーマンにはベストな選択肢となる『豚珍館』かなと思います。

ですので、若干並ぶものの意外と回転は早いのでワンチャンあるかなと。

とは言え、外国人観光客も少なくないので、そこら辺のグループが入ると回転率も多少は落ちる為、行列を見て判断する必要があるでしょうか?

ま、ここら辺は新宿ですので他の店でも同じですが、やはり観光で来ている人達と1時間のランチタイムで勝負する人達では食べるペースや動きも違うので、まあ仕方ないかなと。

そんな感じで回転勝負な店でもありますので、ぶっちゃけ店の中でメニューに悩む余裕はなく、行く前に自分が食べたいメニューを決めておいた方がスムーズである事も報告しておきます。

筆者、わりと積極的にメンチカツ案件には取り組んでいる感じですが、この『豚珍館』のメンチカツはかなり美味しい部類に入ると思うので、メンチカツクラスタであれば必食であると言っておきましょう。

そんな感じで行列覚悟の人気店ですが、やはり新宿ではトップクラスの『豚珍館』ですので、是非みなさんも食べに行ってみて下さい。

スポンサーリンク

関連記事