アソークら辺で屋台料理を欲したなら『PIER21』でいいじゃない@バンコク

『PIER21』最強伝説!

バンコクと言えば美味しい食べ物が色々とある国でして、やはり食事は絶対にハズレを引きたく無いと思います。

で、一昔前ですとバンコク言うたら”屋台”で食べてナンボだったのですが、あえて言おう!

「もう、屋台街とかバンコクにはほぼ無いと!」

厳密にはゼロではありませんが、日に日に規模が縮小されて今では屋台街と言うよりは、単発の屋台がちょっと集まってるくらいの規模で御座います。

ま、まだまだ地方に行けばソレっぽいのもありますが、バンコク市内、それも手軽に行ける場所って言うたら屋台街は全滅って感じでして、しいて言うなら”ナイトマーケット”とかでワンチャンある感じでしょうか?

と、言う訳で「え~!屋台の美味しい料理が食べられないのか……。」みたいな人に朗報で御座います。

そもそもタイ政府の意向で街の屋台は衛生的にもアレなので撤去しまくりな訳ですが、撤去された屋台はさりげなくショッピングモールのフードコートとかに納めた感じでして、路上からは消えたものの料理自体は今でも食べられなくはないです。

やっぱ『ターミナル21』でしょ?

そんな感じでバンコク市内のショッピングモールとかに、ある程度は避難した感じの屋台でして、BTSアソーク駅に直結している件の『ターミナル21』にも”PIER21”って名前のフードコートがあります。

ちなみにバンコクのフードコート、特に大きなショッピングモールの場合ですが現金ではなく”電子マネー決済”になっているので注意して下さい。

ですので、まずはサービスカウンターで500バーツくらい渡してカードにチャージして貰います。

カードの発行手数料とかはなくて、あまった金額もカードを返せば返金してくれるので最初は500バーツ単位でチャージしたらいいじゃない。

ちなみにカウンターの横にはカードにチャージ出来る券売機みたいなのも有りますが、あまり利用者が居ない所をみると信頼性に難があるのかもですね。

ま、列に並んで自分の番が来たら500バーツ渡すと、500バーツ分チャージされたカードをくれるのでタイ語とか英語は喋れないでも大丈夫です。

チャージする時はカードと500バーツを渡すとチャージしてくれるので、この時も特に喋らなくてもガッツ石松で御座います。

あとコチラのカードの裏にある番号で『ターミナル21』のWi-Fiに1時間?くらい繋げられるので、覚えておいたらいいじゃない。

基本、並んでる店が美味しい可能性

正直、タイで一番困るのは「タイの文字がまったく読めない件」って感じでして、地方とか超ローカルな店だとメニューが完全に読めなくて色々と困るのですが、この『PIER21』はタイ語の他に英語表記もあるので、観光客的には超便利で御座います。

オーダーの方もメニューの番号を英語で言えば通じるので、まったくタイ語が喋れなくても死にはしません。

ま、正確には数えていませんが店も20~30軒くらいあるので、どこで買うか悩むのですが、あえて言おう!

「やはり美味しい店は並んでいると!」

え~、大事な事を書くのを忘れていたパターンですが、この『PIER21』はローカルの人達にも人気でして、ランチタイムともなると超混みます。

平日でも近隣の人が食べに来るくらい味が良くて値段も安いので、かなりの席数があるのですがわりと満席になりがちで御座います。

ですので、行くのであれば11時とかの開店直後、もしくは14時とか時間を外すとイイ感じかなと。

美味しい料理はぶっかけメシが基本

ま、タイ料理と言っても色々とある訳でして、日本人でも知ってる様なメジャーな料理も少なくないのですが、あえて言おう!

「究極的には”ぶっかけ飯”こそ至高であると!」

と、言うか正確な料理名すら忘れちゃった感じですが、基本的にタイの庶民的な料理の場合、御飯に汁をぶっかける系(カレー含む)が美味しいので、覚えておいたらいいじゃない。

ちなみに筆者もあれこれ食べたのですが、時にはイマイチ合わないのも存在するので、何も分からなかったら筆者と同じヤツを食べておけば間違いないかなと。

どうでしょう?

「鍋デケーよ!!」感が先行しますが、この圧倒的な煮込み感……ヤヴァくないすか?

多分、そんなに大した料理ではないと思うのですが、大量の肉を大きな鍋で煮ると言う正攻法、まさに小手先では出せない味がそこにあると思います。

ま、何種類かパターンがあるのですが、基本的には煮込みと何かを組み合わせるって感じでして、そこら辺は適当にオーダーして良いかなと。

ってか、この煮込み料理の店だと値段自体は一番高くても89バーツ、300円くらいですのでなんなら一番高いの食べておけばいいじゃない。

気になる味の方ですが……色々な部位が同じ鍋で煮込まれる事による複雑な旨味が凝縮されている感じでして、人気があるのも頷ける仕上がりで御座います。

ま、特にパクチー感とか激辛とかもなく、ほぼほぼチョイ甘醤油風味ですので、日本人的にはストライクな味である事を報告しておきましょう。

ちなみにタイの人は卵大好きなので、目玉焼きとか茹で玉子が付く料理が多いですかね?

他の店でも似た風な料理はあるので、『PIER21』の中で食べ比べてみたらいいじゃない。