『ひものや銀次』で”銀そば”(鯖ラーメン)を食す!@町田市

『ひものや銀次』成瀬本店

東京都町田市南成瀬1-8-12 中山ビル2F

営業時間 11:30~14:00 17:00~22:30

定休日 日曜日

『ひものや銀次』Googleマップで表示

干物屋さんがラーメンですと?

それとなく『イマジン』でのミッションを終えて帰ろうかなと思ったのですが、あえて言おう!

「銀そば完成ですと?」

ほほう……干物屋さんがラーメンとかちょっと気になる形態ですし、結構な自信作っぽいので、これは食べる1択じゃない?

『銀そば』(鯖らーめん)850円

と、言う訳でこうなりました。

サイドの練り梅とレモンは鯖(サバ)に使うんですかね?

ぱっと見たビジュアルは淡麗系の醤油ラーメンって感じですが、生玉ネギの微塵切りとかは八王子ラーメンを彷彿させますな。

スープの方はせっかくなので店のPOPをそのまま書きますと、「阿波尾鶏の鶏ガラと野菜から煮出した特製スープに鯖節、煮干し、昆布などの旨味を抽出した魚介系のスープを合わせた二段仕込みの自家製スープ」との事です。

そんな感じですのでスープの方は脂控え目のアッサリした感じでして、野菜の丸さも溶け込んでいるのでスルッと入る感じで御座います。

そして!

『銀そば』の売りとなる”脂の乗った鯖”が美味しい可能性……あると思います。

そもそもがチャーシュー的なアイテムって、大抵は豚だったり鶏だったり、希にローストビーフだったりして基本的に肉系だったのですが、この『ひものや銀次』は”焼き魚”で勝負です。

ま、これは賛否が分かれる案件かもですが、筆者的には全然有りかな?

御覧の通りイイ感じの鯖を炭火で焼いているので、焼き魚ならではの香ばしさが有りますね。

ってか、スープの方にも魚介を合わせているので、むしろチャーシューが魚になったって違和感はないんじゃなかろうか?

麺はストレートの細麺ですので、誰もが美味しく食べられる組み合わせだと思います。

ご馳走さまでした!

『銀そば』総評

と、言う訳で”焼き魚の乗ったラーメン”って事で、どんなもんかと試してみたら、思ったよりも違和感がなかった件を報告しておきましょう。

もっとも、炭火で焼いた美味しい焼き魚であれば、あえてラーメンで食べるよりは普通に定食チョイスってのが世間一般の答えだと思うので、次回も『銀そば』を食べるかどうかと聞かれたら、そこは焼き魚系の定食ってのが民衆の総意かなと。

そんな感じでラーメン的にも美味しかったのですが、次は他のラーメンを試そうと言うよりは、普通に『ひものや銀次』の焼き魚を食べたいみたいなモチベーションになりました。

ってか、炭火で魚を焼いてくれる店は貴重なので、『ひものや銀次』の存在は覚えておくべきでしょうか?

ちなみにラーメンは昼のランチでしか食べられないので、ラーメン勢はランチ狙いでお願いしたいと思います。